« 狭い家 | トップページ | ここまでひどくはないけれど »

2019年1月 9日

今は亡き父の気持ちが少し分かる

いや、本当に少しだけなのだが。

息子が喜ぶ駄洒落や言い回しは、年齢によってかなり異なる。

なので、「2年前ならこの駄洒落で確実に大受け」という駄洒落を言っても、反応が思わしくないこともある。

で、最近分かった。今は亡き父がかなり長きにわたってしょうもない駄洒落を言っていたのは、私と意思疎通をするためだったのだと。私の父が駄洒落好きだったのではなく、年齢と共に私が変わっていったのだと。

まさかこの年齢になって父のことを一部理解するとは、思わなかった。

|

« 狭い家 | トップページ | ここまでひどくはないけれど »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今は亡き父の気持ちが少し分かる:

« 狭い家 | トップページ | ここまでひどくはないけれど »