« 胡麻団子は芝麻球 | トップページ | 東京都渋谷区「パートナーシップ証明書」についての私見 »

2015年9月25日

悪魔の言葉 (3)「月が綺麗ですね」

どうも、「I love you」の意味で「月が綺麗ですね」と表現することが肯定的に語られることが多い。だが、この表現が許されるのなら、月が綺麗であるという事実 (あるいには発話者にとって月が綺麗に感じられるという事実) を表現するにはどうしたらいいというのだろうか。

情報科学をある程度分かっている人ならすぐにピンとくるだろう。1つの表現に2種類の意味が発生しそうな場合、どちらかの意味は mark up などによって別な表現にしなくてはいけない。PC の流儀に従えば、「¥月が綺麗ですね」になるだろう。これは大変不便だ。

だから、「I love you」の意味で「月が綺麗ですね」と表現することは避けるべきだろう。というか、「I love you」の意味で「月が綺麗ですね」などと表現する人物がいたら、私は嫌悪する。


どうも最近この blog の記事は否定的な内容が多すぎる気がする。この blog を読んでくれている人には申し訳ない気もするが、まあ、これも今の私の状態の一種の表れなのだろう。元々、他人に読ませることをあまり意識していない blog なので、私の感情発現が中心になることは読み手の方に承知していただきたいところだ。

|

« 胡麻団子は芝麻球 | トップページ | 東京都渋谷区「パートナーシップ証明書」についての私見 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/40604/62348154

この記事へのトラックバック一覧です: 悪魔の言葉 (3)「月が綺麗ですね」:

« 胡麻団子は芝麻球 | トップページ | 東京都渋谷区「パートナーシップ証明書」についての私見 »