« 古い Ruby Installer の入手先 | トップページ | Aptana RadRails を Eclipse Plugin として導入できない »

2014年10月20日

2人の女性閣僚の辞任

小渕経産相に続き松島法相も辞意、という記事を読んだ。

以下、私個人の感想。松島法相は法相として適任ではないと思うので、やめてもらうほうが日本のためにもいいと思う (遵法意識にかなり欠けている気がする)。だが、小渕経産相が辞めるのは、妥当かどうか分からない。

どこまで本当かどうか分からないが、小渕経産相自身が認識していないところで事務担当者等が不正を行っていたとして、それは国務大臣なら (または国会議員なら) およそ誰でも個人で防げるものなのだろうか。もちろん、「防いで当然、防げないような人は国会議員の資格がない」という主張も分からなくもないが、これは議員個人が充分に防ぐことは結構難しいように思う。どちらかと言えば、(政党に所属している議員なら) 不正の防止は政党が全議員 (や全選挙候補者) の面倒を見る形が望ましいと思う。

正直に言って、小渕経産相が適任かどうかは私には分からない (調べていない) し、留任して欲しいと積極的に願っているわけではないが、小渕経産相本人よりも自由民主党が組織としてちゃんと手を打っていればこういうことにならなかったのではないかという気がしてならない。

|

« 古い Ruby Installer の入手先 | トップページ | Aptana RadRails を Eclipse Plugin として導入できない »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/40604/60516276

この記事へのトラックバック一覧です: 2人の女性閣僚の辞任:

« 古い Ruby Installer の入手先 | トップページ | Aptana RadRails を Eclipse Plugin として導入できない »