« 数学的に間違っているトンデモ記事を書く人に誤りを伝えるにはどうしたらいいか | トップページ | Android で permission の個別設定はできないようだ »

2014年9月11日

北斗星寝台券の放流から再捕獲までの時間

はじめに。世の中には、乗車する気もなく転売目的で JR の寝台券を購入し、競売 sites で売り出し、その差額を設けようとする人たちがいる。多くの場合、迷惑防止条例違反である。こういった輩がいるから、本当に寝台車に乗りたい者はなかなか寝台券を購入できないのだ。


2014年の8月、息子の希望で、私は北海道の実家への往復に寝台列車を利用することとした。Twilight Express の寝台券が買えれば最も良かったが、それはできなかったので、代わりに北斗星の寝台券を購入した。

当初の希望日は8月15日と8月22日だったのだが、先述のような輩が蔓延っているため、発売日はもちろん入手できず、その後数十回も JR の窓口に通って、何とか8月13日と8月23日の寝台券を入手した。

だが、乗車の1週間~2日くらい前になって、本来の希望日の寝台券を入手できたので、他の北斗星乗車希望者のために、希望日の寝台券の入手後、速やかに当初の寝台券を取り消しに JR 窓口に行った。同じ寝台列車愛好家に、少しでも早くその機会を還元したかったからである。

元の寝台券を取り消した (放流した) 際に、この寝台券が誰かに購入される (再捕獲される) まで何分くらいの間があるのか、観測してみることとした。結果、1枚目の寝台券は取り消しの5~8分後に購入され、2枚目の寝台券は取り消しの22~25分後に購入されたことが分かった。

たった2事例では少なすぎるが、それでも全国の寝台列車愛好家の方々にとって、購入時の参考になるのではないかと思う。特に、online で寝台券を購入しようとするにとって人は、忙しくないなら10分~20分に1回くらいの頻度で空きを調べる価値があるものと思われる。

|

« 数学的に間違っているトンデモ記事を書く人に誤りを伝えるにはどうしたらいいか | トップページ | Android で permission の個別設定はできないようだ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/40604/60295911

この記事へのトラックバック一覧です: 北斗星寝台券の放流から再捕獲までの時間:

« 数学的に間違っているトンデモ記事を書く人に誤りを伝えるにはどうしたらいいか | トップページ | Android で permission の個別設定はできないようだ »