« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »

2012年12月31日

後で読もう (36)

以下は過去の「後で読もう」。

35 34 33 32 戸籍関係 31 30 29 28 27 26 25 24 23 22 21 20 19 18 17 16 15 14 13 12 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月29日

「社内 LAN 撲滅運動」に騙された

社内LAN撲滅運動 – ISO27001(ISMS)認証を取得しました」という記事がある。最初に書いておくが、この記事自体の価値はかなり高いと思われる。ただ、「社内 LAN 撲滅」などと書いておきながら、実際にはそんなことちっとも書かれていない。

続きを読む "「社内 LAN 撲滅運動」に騙された"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月22日

「0 の反対は?」

先日、息子と入浴中、質問された。

「お父さん、0 の反対は?」

0 の反対? 仮に 0 の反対があるとしても、それは 0 じゃないか? 私が訝しがる顔をしていると、息子は右手で 0、左手で 1 を表し、

「0 と 1 でしょ?」

そして、1 を表していた左手人差し指を横向きにし、そのまま右手の 0 を超えていく形で動かし、

「0 の反対。」

驚いた、まさか幼稚園児が自ら負の数の境地にたどり着くとは。私は「マイナス 1、マイナス 2、…、と続くよ。」と教えた。すると息子は

「じゃあ、マイナス 900 ってどれくらい小さいの? (右手で虫くらいの大きさを表して) これくらい?」

残念、0 の概念や「加法の逆元」という概念は未だ成立してないようだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月19日

国債発行は他年度 (他世代) からの横領

国債について、もう1度。

国債というものは、未来の年度予算からお金を盗んでくる仕組みだ。盗まれて困る人は、未来 (の年度) に生きる人だ。完全に等価なことではないが、これは他世代からお金を盗むこととも言える。「息子・娘の承諾なしに借りることができる2世代借金」とでも言えば伝わりやすいだろうか。

続きを読む "国債発行は他年度 (他世代) からの横領"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月17日

選挙が終わった

駅伝と選挙速報はどちらも、TV 上で見始めるとなかなかやめられないが、録画して見ようとも思わない。そのうちの1つ、衆議院選挙の速報が続いている。

続きを読む "選挙が終わった"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月 6日

外国語での固有名詞

息子が外国語に少し興味を持っているらしく、入浴中に「○○は△△語でなんて言うの?」とか「英語で話そ」とか言ってくる。しかし、私の方はそれに応えられるだけの充分な語力がないので、どうしても私が話せる範囲でしか息子に聞かせられない。

続きを読む "外国語での固有名詞"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »