« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »

2012年4月30日

相続放棄と遺産分割協議での受取なしとは違う

【実録】裁判所なう!なる記事で、ありがちな誤解を見つけたので、ここで取り上げる。

12:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04 /26(木) 13:31:45.35 ID:17uqr/jDi
>>9
前妻の息子なんだけど
生前に色々としてもらってるので
遺産は放棄して、今の家族に残すことにした
〔中略〕
14:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04 /26(木) 13:33:46.22 ID:UXKANMX70
それならわざわざ裁判所で相続放棄しなくても
遺産分割協議書に相続しない旨入れて判子つけばよくね

残念ながら、相続放棄することと「遺産分割協議書に相続しない旨入れて判子つ」くこととは別である。

相続には、正の遺産と負の遺産がある。相続放棄は、正の遺産も負の遺産も両方とも相続しないことを裁判所に認めてもらうことであり、債権者が被相続人 (今回死んだ人) の分の債務の履行を求めてきても応じる必要はない。一方、遺産分割協議書は、(主に) 正の遺産についてその分割内容を相続人同士で協議して作成するものであり、債権者に対しては効力がない。

21:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04 /26(木) 13:38:44.60 ID:UXKANMX70
バカだなー 相手がウザイなら
わざわざ相続放棄の手続きなんかしないで
行方くらませば楽しいのに

そんなことしても、失踪宣告されて戸籍から消されるか、法定相続分で話を進められるか、どちらかになると思われる。

そもそも、相続放棄は郵送で手続きできるので、わざわざ家庭裁判所に行く必然性が低いと思うのだが、行く人は多いのだろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月25日

軍人の夢

おかしな夢をみた。以下、smap が好きな人は読まない方がいいかも知れない。

私はなぜか修学旅行に参加して、皆で歌を歌っていた。その歌の歌詞ははっきり覚えていないが、内容はおよそ以下の通り。

軍隊に入隊して数年
僕は初めて人を殺した
君はそれを聞いて「生まれ変わったね」と言った
言葉の上では祝福だけど
君は人殺しを見る目をしていた
でも僕をそのまま蔑むわけでもなく
君の親友としての僕と、人殺しとしての僕と
2つの間柄に折り合いをつけようとしてくれているのが分かる
きっと君はこれからも僕を親友としてみてくれるだろう
だけどこれまでと同じ眼差しではなく
平和主義者の君にとっては
今の僕は他者の命を奪う肉食獣に見えるのだろう

ここで「♪国を守るため そのために生まれてきたんだ」という歌詞が旋律と共に流れた。そして私はふと疑問に思った。lion は確かに肉食獣だが、「らいおんハート」ってこんな歌だっただろうか、と。

目が覚めたので、INTERNET 上で「らいおんハート」の歌詞を確認。全然違っていた。


余談。一応「専守防衛」を掲げる日本の自衛隊なら人殺しの経験がある隊員はまずいないだろうけど、交戦中の国ならそういう軍人は少なくないだろう。交戦中の国にいる平和主義者は、色々と葛藤することが多いだろうと想像する。もっと戦争が少なくなるといいのに。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月22日

もし黄金週間を利用して最長片道乗車券に挑戦したら

今回は机上旅行。もし、今年 (2012年) の黄金週間を利用して最長片道乗車券に挑戦したらどうなるだろうか (有給休暇等を利用して途中の平日も旅行に費やすものとする)。以下、充分な検証をしていないが、Yahoo 路線情報を使って検索してみようと思う。

続きを読む "もし黄金週間を利用して最長片道乗車券に挑戦したら"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月16日

最高裁でも「過半数をこえる」という誤記

最高裁判所の判例検索から、日付を「昭和41年5月19日」とし全文検索の検索語に「過半数」と入れると、「土地所有権確認等請求および反訴請求」という判決が見つかる。

この判決、まずは

その持分の価格が共有物の価格の過半数に満たない者

という表現が出てくる。これ自体は妥当な表現である…「過半数」という判定式は「達する」「達しない」「満つ」「満たない」のどれかの値を持つ。ところが、その後に

その価格が共有物の価格の過半数をこえるからといつて

という表現が出てくる。いやいや、待ってくれ、「半数」は「こえる」ことができるが、「過半数」は「こえる」ことができない。programming 言語的に表現すれば、「半数」とは何らかの数値 class の object であるのに対し、「過半数」とは状態を表す属性 (そして is_majority? というような method で実装されるもの) である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月15日

大阪府における大型乗用車の貸し出し価格

今日の記事は単なる備忘録。大阪府における大型乗用車 (bus) の貸し出し価格 (rent-a-car 代金)。

日邦レンタカーシステム

いくつも営業所がある (京都府や滋賀県にも)。

コースター (送迎仕様25~29人乗り) が平日1日32000円、土日祝1日37000円。INTERNET で申し込むと平日 15% 土日祝 10% 割引。

ハイエースグランドキャビン等 (10人乗り) が平日12時間まで10000円、24時間13000円。

ビジネスレンタリース

大阪府内にいくつか営業所がある。

15人乗りで6時間21000円、12時間27300円、24時間31500円。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月14日

「督促 (トクソク) OL の回収4コマブログ」が面白い

単なる紹介。

督促(トクソク)OLの回収4コマブログ」というものを見つけた。なかなか面白い。以下、特に面白いと思った記事。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月13日

Uniscribe

MS-Windows 上で Unicode 文字の rendering を司る Uniscribe というものがあるらしい。しかも、その実体は usp10.dll という file で、新しい MS-Windows 用などの usp10.dll を古い MS-Windows に入れると、古い MS-Windows であっても Unicode 文字の描画がうまくいくようだ。

MS-Windows 2000 に新しい usp10.dll を導入している記事も見つけた。さらにこの記事では、SRCpy という有用な tool (使用中の file を変更したり削除したりする…要再起動) も紹介されており、大変興味深い。

すぐ必要となるかどうかに関わらず、OS は常に最新にしておきたいもの。ましてや、update しておかないと特定の言語の文字が正しく表示されないとあっては、「やっておこうか」という気になる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月 6日

強風と e-mail 爆弾

先日の強風、私の職場が存在する地域でも暴風警報が発され、JR など公共の交通機関が止まる可能性が高かったことから、お越しいただいていた顧客にも一旦帰宅願うほどであった。

先月引っ越した私の家は、NTT の基地局からそれほど近くはないのだが、自宅ではさほど高速な INTERNET 接続は不要と考え、ADSL 接続 (努力速度 12Mbps) にしてある。調子がいい時で 1Mbps、悪い時で 256Kbps くらいの速度が出ていたので一応は使えていたのだが、強風により通信環境が悪化、とても遅くなった。測ってみたところ、なんと 32Kbps になっていた (実測値 30Kbps 程度)。これは、一頃の analog 回線 dial-up と同程度の速度だ。

ひどい時にはひどいことが重なるもので、この1週間くらいの間に mail 爆弾を5発も食らった (全て職場内から)。最大の爆弾は 90MB と図抜けていたが、他のものもかなり大きく、結局、POP3 で受信しきれず切断 (1通受信するのに数時間かかる)、その爆弾より後に重要な mail がある可能性が高いのに全く受信することもできず、更には server が「session が残っている」と解釈して再接続も受け付けられず、私の業務の大部分はそこで止まってしまった。(実際には、完全に止まる前、最大の爆弾を受けた後くらいから、POP3 server の反応がおかしかった。)

あー、もう、常識というものはどこに行ったのだろう。受信者や server が許容するなら数百 MB の mail だって送信しても悪くはない (しかし所謂「8ビットスルー」だから効率は悪い) と思うが、許容されるかどうか分からないならなるべく小さく送るってのは uucp の頃からの常識だろう? いつの間に非常識が広まってしまったのだろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月 2日

「シルバー人材センター」は費用対効果が良かった

引っ越しに際して、最後の退去前に「シルバー人材センター」へ屋内清掃 (ができる人) を1人依頼した。申し込みの時点では「女性に限定しますか?」と訊かれたが、「屋内清掃の経験者なら男性でも構いません」と答えた。

結果、「シルバー人材センター」で大掃除の仕事経験が何度もある男性の方がやってきた。後で分かったことだが、見かけや身のこなしから60代半ばかそれより若い方だと予想していたものの、実は70代の方だった。

で、任せてみたところ、しっかりやってくれた。もちろん、専門の業者には敵わない (個人の腕と薬剤ではどうしても限界がある) が、時給1100円で4時間やってもらってほぼきれいになったのだから、費用対効果は高いと言える。専門の業者に依頼したら数万円とられるところだ。

結論。共働きで引っ越し直前、のように時間が貴重な場合は、依頼する価値が大いにある。もし仕上がりにあったら、その後に改めて専門の業者を呼んでもいいだろう。そうなったとしても、大部分の清掃は住んでいるのだから、短時間で (格安で) 済むはずだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月 1日

付記転出届

私事だが、この3月に大阪府東大阪市から奈良県奈良市へと引っ越した。今回は、引っ越しにまつわる手続きについて。

住所を移すと、役所への届け出が必要になる。同じ市町村内であれば転居届、別の市町村に引っ越せば転出届と転入届。これらのうち転出届については、住民基本台帳カードを持っている住民に限り、通常の転出届に代えて付記転出届というものを届け出ることができる。通常の転出届を届け出ると、転出証明書という書類を受け取り、それを持って引っ越し先の市町村に転入届を提出しなくてはいけない。だが、付記転出届であれば転出証明書は不要となる。また、郵送で付記転出届を提出することもできるので、引っ越し前の市町村の役所に行く手間や交通費が節約できる。

Google などで「付記転出届」という語を検索してみてほしい。様々な自治体による付記転出届の説明が大量に出てくる。だが、残念ながら東大阪市の転出の説明頁には付記転出届の説明が一切ない (そして用紙=様式も存在しない)。つまり、付記転出届の存在を知らない人は付記転出届を利用できない状態にある。もしかしたら窓口で「住民基本台帳カードをお持ちであれば付記転出届が出せますよ」と紹介しているかも知れないが、郵送で提出できてこその付記転出届であるので、窓口に来てしまったら、転出証明書を受け取っても受け取らなくてもほぼ同じである。

東大阪市でこれまでに何人が付記転出届を出したのか (特に郵送で提出したのか)、私は知りたい。人口50万人を擁する中核市だというのに、さびしいものだ。


余談。私は生まれて初めて「県民」になった。以下はその遷移。

  1. 北海道民
  2. サハリン州民
  3. 北海道民
  4. 京都府民
  5. 大阪府民
  6. 奈良県民 ←今ココ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »