« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »

2012年3月28日

仕事は好き嫌いでやるものだ

こんなことを書くと色々と反論を受けそうだが、私の思想としてそこそこ強固なものなので、ここに書く。「仕事は好き嫌いでやるものだ」。

あ、いや、さすがに一般化 (単純化) しすぎたか。ちょっと条件付け。あなたは雇用者 (雇い主) から「人手」(簡単に代替がきく人員) と思われているか「人材」(簡単には代替がきかない人員) と思われているか。もし「人手」と思われているなら、前言撤回、嫌いな仕事でもやるしかない。「その仕事は嫌いです」と言って拒否したら、あなたはすぐに解雇されてしまうだろう。

しかし、もしあなたが「人材」と思われているなら、まあ、最低限の仕事はやらなくてはいけないが、その最低限を超える創造的な部分に関しては「好き」「嫌い」を主張してよい。人は、好きなものにこそ大きな成果が得られる。「こういう企画が好きだからこの企画書を書くんだ」「こういう客層が好きだから営業するんだ」という思いは仕事の大きな原動力になるし、そういう好き嫌いが原因で成果が偏ったって構わない。組織なんだから、色々な人がいるし、色々な好き嫌いがあれば、全体としては平準化される。

中には、誰もが嫌う仕事もあるかも知れない。だが、「誰もが嫌う仕事を自ら進んでする自分が好きだ」という感情だってある。好きの対象は、仕事そのものでも、仕事をしている自分でも、その仕事を一緒に行う同僚や顧客でも、何でも構わない。

仕事に「好き」「嫌い」を持ち込まない人は、どんどん「義務」や「使命」で仕事をするようになる。そんな人と一緒に仕事をして楽しいだろうか。私は楽しくない。「好き」とか「嫌い」という感情は、公私ともに大事なものだ。それをなくしては、人間よりも機械や部品に近い存在になる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月27日

「年金滞納財産差し押さえ通知書がキタ━━(゚∀゚)━━!!」にツッコミ

年金滞納財産差し押さえ通知書がキタ━━(゚∀゚)━━!!」という 2ch 書き込みにツッコミ。引用は、長くなるので略式。

6: 年金にそこまで拘束力があったか?

ある。国民年金法第95条「保険料その他この法律(第十章を除く。以下この章から第八章までにおいて同じ。)の規定による徴収金は、この法律に別段の規定があるものを除くほか、国税徴収の例によつて徴収する。」つまり、通常の民事の債権のような裁判所での手続きなしに強制執行される。

44: 役所に行って話すだけでなにもならなかったのにずっと無視してたんだろ
しかも来てからも何もしようとしない
自業自得

正論。

85: 今日明日gkbr過ごして月曜朝一で年金事務所に行ってくるお・・・(´;ω;`)
催告も督促もシカトしてシュレッダーかけてしまって御免なさいだお・・・(´;ω;`)

凄い奴だ…。

121: 5年前に仕事やめてから年金、健保一切払ってない手続きもしてない・・・(´;ω;`)
住民税の滞納はないけどそれの手続きもしてない・・・(´;ω;`)

紙切れを1~2枚提出するだけなのに。

158: 仕事辞めてから年金納めてないなぁ
全くの無収入だけど免除とか行った方がいいかな?
162: 早めにいったほうがいい
たしか免除の申請してもさかのぼれる期間が決まってるから
それ以前は免除の対象外

158 は馬鹿だ。無収入だからこそ手続きする価値が高いのに。

学生以外の年金免除の期間は、毎年7月~翌年6月だったはず。だから、遡れる期間は直前の7月まで。それより前の滞納は、「免除・猶予手続きすらしなかったのだから、免除・猶予の必要がなかった」というように見なされる。

196: 無職歴5年弱、32歳(心はセブンティーン)男だお・・・(´;ω;`)
実家住み、月お小遣い5000円から1万円くらいだお・・・(´;ω;`)
201: 32歳で役所関係放置とか…
優秀な屑だってことは分かった

役所関係放置ってのは、本当に救えない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月25日

息子語録

先日、確か 13:12 頃だったと思う。妻が息子にカップ麺を入れてやり (息子はカップ麺が大好き)、「時計の長い針が『3』のところまで来たら食べれるよ」と説明した。

13:15 になり、息子はカップ麺を食べだした。数分後、それを見ていた私もカップ麺を食べたくなり、作ることにした。

13:20 頃に私がお湯を注いた後の息子の一言。

「お父さん、時計の長い針が『3』のところまで来たら食べれるよ」

おいおい、それじゃ麺が完全にのびてしまう…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月 4日

いいこと思いついた、のび太の父よ、スーパーサイヤ人に変身しろ

息子と一緒に『ドラえもん のび太と奇跡の島』を観てきて思いついたのが、見出しの内容。

なぜそんなことを思いついたのか、観た人なら分かるだろう。もしかしたら、観なくても声優を見るだけで分かるかも。どうしても「いつスーパーサイヤ人に変身してもおかしくない」と感じていた。まあ、それだけ声と役が結びついた印象となっている、とも言える。

封切週でしかも梅田だから混んでいるかと思ったが、そうでもなかった。駐車場が充実している映画館の方が混雑しているかも知れない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »