« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »

2011年11月19日

「入籍」と「婚姻」は全然違うこと、「法定速度」と「制限速度」も全然違うこと

新聞やその他の媒体は、記事を書くときに正しい言葉を使わなくてはならない。さもないと、誤った言葉 (や概念) が世の中に広まってしまい、Babel の塔じゃないが、言葉が通じにくくなる世の中になってしまう。

そういう記事を立て続けに目にしたので、一応ここで指摘しておこうと思う。


野村佑香が結婚「新たな気持ちで」お相手は1歳年上一般男性

90年代・チャイドルブームの火付け役となった女優の野村佑香(27)が16日、結婚したことを自身のブログで発表した。お相手は1歳年上の一般男性。高校時代の友人を通じて知り合い、2年間の交際を経て、9月6日に杉並区役所に入籍届を提出した。〔中略〕(編集担当:武田雄樹)

私はこの野村佑香さんを知らないのだが、それでもまずは「結婚おめでとう」と言いたい。

続きを読む "「入籍」と「婚姻」は全然違うこと、「法定速度」と「制限速度」も全然違うこと"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月16日

「気になる男子を部屋に連れ込むときの『誘い文句』まとめ」とは、随分と狙った題目だ

大した話題ではないが、「気になる男子を部屋に連れ込むときの『誘い文句』まとめ」という記事を見つけたので、この誘い文句が有効かどうか、私自身をあてはめて考えてみる。

「桃のお酒もらったの。美味しそうだから一緒に飲も♪」酒が嫌い、酒飲みも嫌いなので、私には逆効果。
「うちでDVD観ない? ホラー作品、1人じゃ観られないの」相手ができないこともないが、「ホラー作品」はあまり興味がない。
「テレビ買ったんだけど、設定がよく分かんなくて」今回挙げられていた誘い文句の中で、もっとも魅力的だったものがこれ。因みに、TV ではなくて「PC 買ったんだけど、設定がよく分かんなくて」だとなおよし。この誘い文句を発した人が男だろうが女だろうが、私は喜んで出かけていき、ついでに security 関係の設定をしっかり行うだろう。
「まだ飲み足りない」これも逆効果。飲むなら勝手に飲んでほしい。酔っ払いの世界に巻き込まれたくない。
「一緒にピザ食べて」Pizza はさほど好きではない。別に嫌いでもないが、日本の Pizza は高すぎて食べる気にならない。なので、「一緒にピザ食べて」と言われても、「人数が増えると高くつくから1人で食べる方がいいよ」と答えるだろう。

結論。これらの誘い文句は焦点がずれているか、または私が世間からずれているか、どちらか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月15日

「政府広報オンライン」でも間違えることがある

通常の媒体と違って、政府系の媒体は間違いが殆どない。だが、時には間違えることもあるのだ、ということを知った。今回誤りを見つけた媒体は「政府広報オンライン」。

政府広報オンライン」では、RSS feed を用意している。お手持ちの browser で開いてみてほしい。

  • Internet Explorer
    Gov_online_ie9
  • Firefox
    Gov_online_firefox
  • Chrome
    Gov_online_chrome
  • Safari
    Gov_online_safari

見ておわかりの通り、「相続放棄の熟慮期間(新聞突出し広告)」という見出しなのに「北朝鮮拉致問題は国民全体の課題です。~皆様の理解が解決への第一歩~」という概要が書かれている。震災による相続放棄の熟慮期間については、ついこないだ政府広報に載ったばかりだったので、「短期間に2回も載るのはおかしいなぁ」と思っていたところ、案の定、内容が違っていた。絶対に間違えるなとは言わないが、もう少し何か確認を確実に実施できる態勢が整うといいと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月 2日

年収4桁じゃやっていけない

今夜@青デニ 婚活ノート(第一話)なる婚活劇があった。その中の 1:01 頃の台詞。

「商社だし、年収4桁だし、背高いし」

はっきり言おう。年収4桁じゃ暮らしていけない。最低でも7桁は必要だ。お前が言いたいことは、「年収4桁」じゃなくて「年収8桁」じゃないのか。…いや待てよ、こういう馬鹿な女も演出の1つなのだろうか。馬鹿な女であっても、主人公より若いというだけで、主人公が少しうらやむような婚活 party (男性は年収600万円以上の公務員限定、女性は30歳まで) に参加できる、というような場面を演出したいのかも知れない。

似たような話で、新聞記事などで「売上2桁減」というような見出しを見かける。でも、編集者は本当の意味を分かっているのか。500億円の売り上げが5億円になったら、それは正しく「2桁減」だ。だが、500億円の売り上げが350億円になった場合でも「2桁減」を使っていることがある。

そもそも、桁を議論するということは対数で考えるということだ。例えば、「A 珪素工場で換気装置の故障により珪素の純度が2桁減」という記事があったなら、これまで 0.9999999999 の純度だったものが 0.99999999 の純度に落ちた、ということを意味するから、「10% 以上減」ではなく本当の意味で「2桁減」だろう。桁が減るとはそういうことだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »