« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »

2011年5月27日

「一人でさみしいとき、どうする?」

月刊 Charger』なる web magazine で実施していた読者調査で、「一人でさみしいとき、どうする?」という項目があった。

結果を見て少々驚いた。2つまで複数回答可とはいえ、「風俗へ行く」が29%。風俗利用者って、そんなに比率が高いのか? 知らなかった。まあ、この調査が偏っているのか、それとも私の交友範囲が偏っているのか、どちらかだろう。

私は、風俗産業自体は (法に反しなければ) 悪いとは思っていないし、産業としては興味がある。だが、今も結婚前も、(自分自身の効用のために) 行こうという気になったことがない。行っている人は、月にどれくらい支出しているのだろうか。INTERNET 上の Q&A sites には時々家計診断が掲載され、中には月額48772円の例などあったりするが、これは世間から見て多いのか少ないのか。そうかと思うと、月額15000円で「安月給なので何とかこれをとめたい」と思っている人もいる。知人同士では口にしにくい話題であるだけに、気になる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月15日

汝、告白せよ

…と言っても、懺悔の話や犯罪の話ではない、恋愛の話。以下、「男性の8割が『告白できず』、“自分はモテない”と考える人が多い結果に。」より。

〔前略〕さらに掘り下げ、「告白して振られ『告白しなければよかった』と後悔したことがあるか」の質問では23%が「ある」、逆に「告白せずに『告白すれば良かった』と後悔したことがあるか」では52%が「ある」と回答。「あのとき告白していれば……」と、後悔する人のほうが多いようだ。

玉砕の確率が 50% 以上であってもいいじゃないか。日本の男性は、告白力が足りない。


ちょっと過激な意見かも知れないが、そもそも、「好きになってから告白」という順序は遵守しない方がいいんじゃないだろうか。かわいい仕草、かわいい笑顔、かわいい服装を見かけたら、その時点で「好きになってしまいそうだ」「惚れてしまいそうだ」と言明するのがいい。男性には、周りの女性に対する「好き測定器」が個別にあって、大抵の男性は、「好き測定器」の測定結果が一定の「好き」水準を超えてから、告白するかどうか悩む。

違う! 違うんだ! 一定の「好き」水準に達するまで待つから、告白の敷居が高くなるんだ! もっと早く告白する方がいい。

だって、そうだろう? 例えば、虫歯。耐えられない痛みになってから歯医者に行くと、治療には大きな苦痛が伴う。早めに行けば、治療も痛くないのに。例えば、借金。返済期日を過ぎてから「返せません」では、債権者も激怒する。返済の目処が厳しくなってきたら、早めに債権者に相談する方がいい。早めであればあるほど、債権者も親身に相談に乗ってくれるだろう。だから、一定の水準に達する前に、なるべく早く動き出すことだ。

……あれ? あまり適切な例じゃないなぁ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年5月14日

「カネ」の話、読了

前回の続き。『この世でいちばん大事な「カネ」の話』は、予想通り良い本だった。漫画家としての西原理恵子はあまり興味がないのだが、人間としての西原理恵子に興味が出てきた。

どのくらいシャレにならなかったか? だって窓ガラスがないんだよ。〔中略〕窓ガラスが割れてなくなっているのに、そのまんま。お金がないから修理もしないでほったらかし。〔中略〕貧しい田舎に行くと必ずある築30年くらいの文化住宅には、左官屋さんの家族が1部屋に9人で住んでたりした。6畳と3畳だけの間取りに、家族9人がみんなで住んでいたんだよ。(pp.25-26)
田舎の不良って「なる」のもはやければ、回転もはやい。女の子がぼろぼろになるのもはやいんだよ。たとえばね。地元に残った女の子は、だいたい18くらいで結婚する。旦那はヤンキーあがりでたいていは日給の仕事して、1DK くらいのアパートで子どもが増えて、旦那の収入では生活はいつもギリギリ。子どもは手がかかるし、生活はどんどん苦しくなるしで、あ~ら、不思議。いつの間にか、あの「いつも怒ってて、太ってて、へんなパーマかけてるお母さん」の一丁あがり。(pp.37-38)
若さと容姿を切り札にして水商売なんかをやって、ブランドもので着飾っていた女の子たちだって、30、40にもなれば、もうどこも雇ってはくれない。当時、田舎で女の子が働ける場所は本当に限られていたから、借金でどうにもならなくなればどんどん落ちていくしかなくて、そうして、いつの間にか姿を消してしまう。〔中略〕へらへら笑っていても、心の中は不安で、不安でしょうがないから、自己評価の低い女の子はヤリマンになっちゃうの。〔中略〕男の子も女の子もシンナーでラリって、乱交しちゃう。わけがわかんなくなったその勢いで、セックスしちゃう。〔中略〕女の子のあいだでは、中絶費用のカンパが回ってくるなんてことが珍しくもなかった。〔中略〕こういうとき、相手の男は絶対に逃げるんだよ。当然のように知らん顔を決め込んでいる。(pp.39-42)

後で出てくる海外の話に比べたらこれでも随分いい環境ではあるが、それでも、閉塞感に包まれた未成年の状況がよく表されていると思う。小学校のうちはまだましかも知れないが、それでも日本の小中高は成績という価値観が支配していて、その中で自分を高く評価できない児童・生徒は、結局 (大人から見て) 馬鹿げた価値観を持ち出してそれにすがるしかない。そういう子らの心情を考えると、どうしたらいいんだろうなぁ、と思ってしまう。

カネのハナシは下品だという「教え」が生んだもので「ちょっと待て、いい加減にしろ!」って言いたくなることは、まだ、ある。「人間はお金がすべてじゃない」「しあわせは、お金なんかでは買えないんだ」っていう、アレ。〔中略〕「いかにも正しそうなこと」の刷り込みが、どれだけ事実に対して人の目をつぶらせ、人を無知にさせるのか。(pp.176-178)

「人間はお金がすべてじゃない」ってのは、間違ってはいない。だが、その「人間」を成り立たせているものの7~9割くらいは、お金じゃないだろうか。「しあわせは、お金なんかでは買えないんだ」ってのも、お金だけで買えるわけじゃないけど、でも幸せの代金の7~9割くらいはお金じゃないだろうか。

日本は、お金を穢れたものと見なす文化がある。行き過ぎた拝金主義が望ましくないことは確かだ。だけど、お金が少ないと生きていくことは難しい。生物として生きているかも知れないけど、心に余裕がなくなる。だから、今の日本 (日本文化や日本人) はお金を意図的に無視する傾向が強くて、心配だ。幸い、私が今住んでいる関西では、お金の話は嫌悪されない。これは、関西が褒められるべき美点の1つだと思う。

カンボジアの首都プノンペン。ここの郊外には、フィリピンの「スモーキーマウンテン」と同じものがある。〔中略〕そのごみの山には、そのアスベストがどっさり、ふくまれていた。そこでごみをより分けて生活しているこどもたちには、そういうアスベストを防ぐためのマスクもない。そんな不衛生な危険地帯のまっただ中で、子どもたちは何ひとつ知らされないまま、裸同然の姿で、ひたすらにごみを拾っていた。だから、この子たちは長くは生きられないんだよ。〔中略〕女の子が夜じゅう働いて、やっと得た200円分のお金は、その1食ぶんを飼ったら、ぜんぶ、なくなっちゃった。〔中略〕それがその子の毎日の生活だった。それなのに、一家の父親はヤシ酒を飲んで、昼間っから酔っ払っている。(pp.206-210)

先ほどの日本の未成年の閉塞感ある風景さえ霞んでしまう、どうしようもない貧困。そして多分、著者はもっと酷い現場も知っているだろう。この本に書ける下限がこの話だった、というだけでこの話が選ばれたんじゃないかと思う。「アルバイトと世界放浪は、男の子の必修科目だからね!」(p.186) という著者の考えは、こういう体験から出てきたのだろう。私の息子には、放浪するほどじゃなくていいから、少しは世界を見てきて欲しい。


後日の追記。2ちゃんねるの「同窓会行ったら周りの奴らが結婚しまくっててワロタw ワロタ…」なる thread の74番目の書き込みが、ちょっと似てる状況かも。

★公立中学の同窓会にありがちなこと★
・学歴はFラン、高卒、専門卒が主流。ニッコマは勝ち組扱いで地底、早慶はもはや神。
・医者や官僚、中小や小売、ニート、フリーターまでのカオス状態でまさに社会の縮図。
・当時DQNだった奴の異常なまでの高校中退率。定時や通信卒も珍しくない。
・大学なんて全然知らない。一橋とか東工とかどこそれ?状態。下手すればマーチも知らない。
・大学進学が当たり前だと思っていた為に、「4大」という単語を初めて知る。
・理系であっても大学院進学者は親のすねかじりとして非難される。下手すれば大学院そのものを知らない。
・職業は底辺職が基本。男は零細かとび職、小売。女は水商売、介護、看護。地銀や地方公務員は勝ち組。
・フリーター、ニートはザラ。中には前科持ちも。東証一部企業就職者はブラックでも現人神。
・しかし、碌に企業名を知らない奴が殆どの為、余程の有名企業でない限りは「?」という反応である。
・高卒、中卒、専門卒の大卒に対するコンプは異常だと実感する。
・「良い会社や大学なんか行っても意味がないw」という妬み丸出しの発言が頻発。
・「俺、トヨタに内定した!」と言う奴は99%の確率でディーラー、あるいはライン工。
・そして殆どの奴が販売店とトヨタ本社は別であると言う事を知らない。
・結婚してる奴の多さに驚く。主にデキ婚。子供の写真を持参してくる奴がちらほら。
・女は変わりすぎていて判別がつかない。逆に男は大して変わらない。
・成長したな、という印象よりも、むしろ老けたな、という印象を抱く。
・基本的に地元志向。県内から出る奴は1割、2割。そんな狭い世界にいるからか精神年齢が中学生で停止。
・都会に出た奴と地元に残った奴は話が合わない。下手すれば都会進出者は裏切り者扱い。
・あらゆる面において、TVの絶大な影響力というものを実感する。主な話題はテレビ、パチンコ、女、車、酒。
・驚くほど社会、政治、経済に対する知識がない。自分がある意味2ch脳になっていたことに気づく。
・スクールカースト上位のヤンキーが未だに威張り散らすが、その表情にはどこか哀愁が漂い始める。
・その虚勢すらも20代前半まで。大学生の就職活動が終わったのを境にかつてのカーストが崩壊し始める。
・地元では車持ちが一種のステータス。当然DQN車がデフォ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月13日

『この世でいちばん大事な「カネ」の話』読みかけ

auction で、西原理恵子『この世でいちばん大事な「カネ」の話』を入手した。最初の数頁読んでみたところ、心に残る本になりそうな予感がする。と言っても、具体的にどこかの記述が心に残るのではなく、多分私の今後の思考に漠然と影響を与えそうな (というよりは疑似体験を与えてくれそうな)、そういう予感。

例えば、私は普段から、お金の多い少ないで気持ちの持ち方・精神的な生活環境が非常に異なる、と思っているのだが、残念ながら私が持っている体験や見てきた実例は、さほど典型的じゃない。ところが、この本にはそういった実例が載っている。

お金に余裕がないと、日常のささいなことがぜんぶ衝突のタネになる。〔中略〕何万円、何千円の話で激しいいさかいをする。たったそれっぽっちの金額でののしりあう、この情けなさが、わかる? 〔中略〕お父さんがたまに帰ってくると、お母さんは文句を言おうと待ち構えている。お父さんはお父さんで、バクチでお金をすってるからおもしろくなくて、ちょっとした言い争いで火がつくと、よく暴れた。(pp.17-18)

多分、この本を読む前と後とで私の思考はさほど変わらないだろう。だが、著者の体験を疑似体験することで、普段から考えていることの裏付けを得られたり、逆に普段考えていないことを考えさせられたりすることになりそうな気がしている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月11日

アミノコラーゲン ボーテ「ソッコー」篇

明治製菓の CM「アミノコラーゲン ボーテ『ソッコー』篇」。有能な社会人女性が前半から後半にかけてかわいく変身したことを表現したいのだろうが…だめだ、私には後半が受け付けられない。特に、あの人工的な目元がだめだ。前半から後半にかけて、私には劣化したようにしか見えない。

私に眼鏡属性があるという点を割引いても、この CM は失敗であるように感じるのだが、世間ではそうでもないのだろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月10日

原発政策は秘密裏に進めてはいけない

核処分場:モンゴルに建設計画という記事に、次の一文があった。

日本と米国がモンゴルに国際的な核廃棄物の貯蔵・処分場を初めて建設する極秘計画が明らかになった。

本当に「極秘」計画だったのかどうか、検証する手段を私は持っていないが、もしこれが本当だとしたらかなり問題だ。

原子力政策は、国民が選択すべきものであり、国家首脳などが秘密裏に進めて良いものではない。国家が秘密裏に進めたくなる政策は他にも国防政策や公安政策などがあるが、これらは情報が漏れることで実施効果がかなり薄れるという側面があるため、秘密裏に進める面があっても理解できなくはない。しかし、原子力政策を秘密裏に進めることに利点はない。

私は今でもどちらかと言えば原子力推進派であるが、このような計画が「極秘」に進められていたのだとしたら、支持できない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月 7日

頭の回転が鈍い

この3連休中、妻は風邪で少々ぐったりしていた。そして今、私の頭の回転が鈍い。昨夜から鼻水が出ていたし、風邪かな。

この状態は、喩えて言うなら、stack 容量が非常に少ない状態だ。A ということをやろうとして、そのために B ということをやらなくちゃいけないとすると、B をやっている間に A を忘れてしまう。普段からこういうことはないわけではないが、今日は本当に頭が回らない。歩いたり食べたり、日常生活は一応大丈夫だが、一定以上に複雑な作業ができない。仕事の効率も悪い。

今日は無理せずに早めに休むことにしよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月 6日

WILLCOM をやめるかも知れない

私は、移動体通信 (携帯電話・PHS) においては、

  • 低速でいいから、INTERNET につなぎ放題であること
  • 妻と通話し放題であること
  • 低額であること
  • かなり自由に customize できる smartphone 端末を利用できること (iPhone はこの項目に該当しない)

の4点を重視している。今までは、私が WILLCOM の新つなぎ放題 (2年間月額980円)、妻が WILLCOM の新ウィルコム定額プラン S (月額1450円で PHS に話し放題) を利用してきた。この金額で上記の条件が満たされるので、大変よかった。

だが、あと1年弱で私の新つなぎ放題の月額980円が終わる。「電話番号が変わってもいいから、また2年間月額980円に申し込もう」と思っていたのだが、

は、まるで今でも月額980円で契約できるように表示しているにも関わらず、「在庫切れ」となっている。「在庫切れならこんな表示を出すな!」と思ってしまう。

まあ、でも、単に現在在庫切れなだけでまた入荷するかも知れない。…そう思って、入荷の可能性があるかどうか調べて回った。そうすると、この月額980円の契約の前提となっている機種 NS001U を含む NETINDEX 社の WILLCOM 向け data 通信端末の事業から撤退、という記事を見つけた。何ということだ! 2010年9月に生産者が撤退しているのだから、今後入荷する見込みはまずないだろう。つまりは、NS001U による月額980円は在庫限りのものであり、在庫切れになってしまっては今後契約不可能であるにも関わらず、看板を掲げているのだ。不誠実だなぁ。

月額980円でなくてもよければ、今の新つなぎ放題は利用できる。だが、この通信速度に月額3880円 (新つなぎ放題の本来の料金) を出す価値はない。同じくらいの金額で、もっと高速な移動体通信はいくつもある。

私たち夫婦は以前はマルチパックという割引で費用を安くしていたのだが、この割引は現在は既に契約できないそうだ。

Softbank の ULTRA SPEED (下り最大 42Mbps の通信) と一緒に新つなぎ放題が月額4825円で使える、アップグレードキャンペーンなるものもやっている。PHS の番号も変えずに済み、今の端末も変えずに済み、しかもつなぎ放題なのだから、その点はいいのだが、月額が高い。今は、そこまで支払う気になれない。

それにしても…「もう1台無料」のような音声端末優遇策は出しながら data 通信者は冷遇している気がする。かつての WILLCOM は data 通信重視だったはずだ。社の方針がこんなに変わっては、顧客が離れていく。会社更生法を申請したくらいだから、仕方がないことなのだろうか。


もし WILLCOM をやめるとしたら、どこの電話会社にするだろうか。まず、DoCoMo と au はない。この2社は、非常にお馬鹿なことをやった。そして、このお馬鹿な仕様のせいで、私は非常に苦労した。情報に携わる者として、この2社は技術的に信用できない。そうすると、Softbank mobile か emobile か、どちらかになるだろう。決断する時期は1年先だ。それまでに色々考えるとしよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月 5日

「おおいた萌えおこしプロジェクト」と市町村数

mixi 上の知人の日記で、「おおいた萌えおこしプロジェクト」なるものがあることを知った。その中の「キャラクター一覧」を見ると、大分県内の市町村に対応づけられた少女がたったの18人しかいない。

「え、たったの18人? 選に漏れたその他の市町村は無視されたのか?」と思って Wikipedia で大分県の市町村数を数えてみると…なんと18市町村だった。びっくりした。

以下、都道府県の市町村数。東京都特別区は、「東京」1つとして数えた。(手作業で数えたので、数え間違いの可能性あり。)

北海道179
青森県40
岩手県34
宮城県35
秋田県25
山形県35
福島県59
茨城県44
栃木県27
群馬県35
埼玉県64
千葉県54
東京都40
神奈川県33
新潟県30
富山県15
石川県19
福井県17
山梨県27
長野県77
岐阜県42
静岡県35
愛知県54
三重県29
滋賀県16
京都府26
大阪府43
兵庫県41
奈良県39
和歌山県30
鳥取県19
島根県21
岡山県27
広島県23
山口県19
徳島県24
香川県17
愛媛県20
高知県34
福岡県60
佐賀県20
長崎県21
熊本県45
大分県18
宮崎県26
鹿児島県43
沖縄県41

かつて北海道が212市町村だった頃、埼玉県の市町村数は北海道を上回っていたはず。いつの間にこんなに減ってしまったのか…。もちろん、小さすぎる市町村は原則として合併する方が望ましいことではあるが。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2011年5月 4日

Japanese genealogy

Useful sites for Japanese genealogy.

続きを読む "Japanese genealogy"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月 3日

自分は誰から相続するのか、誰に相続されるのか

相続の法律は、日本では中学公民で学ぶ。考えてみると、あまりたくさんの学習内容を詰込めない中学公民において相続を学んでいるとは、結構すごいことのような気がする。

その内容を覚えているだろうか。

  • 被相続人 (亡くなった人) の配偶者は、常に相続人となる。
  • (第1順位) 被相続人に子がいる場合は、子が相続人となる。被相続人よりも先に亡くなってしまった子がいる場合は、子の子が相続人となる (代襲相続という)。これらの代襲相続は、直系卑属を最後まで辿る。
  • (第2順位) 第1順位の相続人がいない場合、親が相続人となる。親が先に亡くなっている場合は、親の親が相続人となる。第2順位の相続人については、代襲相続は発生しない。
  • (第3順位) 第1順位、第2順位の相続人がいない場合、兄弟姉妹が相続人となる。兄弟姉妹が先に亡くなっている場合は、兄弟姉妹の子が代襲相続人となる。第3順位の代襲相続人は、1世代しか代襲できない。

ここで、この blog 記事を読んでいる方に2つ質問する。1つ目の質問は、「あなたが亡くなった場合の相続人は誰か」である。この質問は割と簡単だ。上記の規則と照らし合わせて自分を中心に考えるだけで良い。私の場合、妻と息子である。

第1の質問に関して特に気をつけなければならない人は、既婚者・子どもなし・両親他界・兄弟姉妹あり・不動産あり、という人である。こういう人は、遺言書を残しておかないと、不動産の名義の一部が兄弟姉妹に渡ってしまう。もし不仲な兄弟姉妹がいたら、死後に配偶者が困ることとなる。だが、遺言書を書いておけばそういう事態を防ぐことが出来る。

2つ目の質問は、「誰が亡くなった場合に、あなたは相続人となるか」である。こちらは、割と難しい。まず、あなたの直系尊属はまだ存命だろうか。まあ、直系尊属からの相続は誰でも考えることなので、この点は問題ない。

あなたの直系卑属はまだ存命だろうか。まあ、直系卑属が先に亡くなることはあまり多くないだろうし、多くの遺産を持っていることはあまりないだろう。

問題は、あなたの兄弟姉妹、およびあなたの親の兄弟姉妹である (親が存命の間は、その親の兄弟姉妹についてはとりあえず心配しなくて良い)。彼らの中に、第1順位の相続人も第2順位の相続人もいない、という人はいないだろうか。もしそういう人がいたら、その人からの相続があなたに降ってくる。正の遺産ばかりなら、ただ単に相続すれば良い。だが、(1) 借金 (2) 保証人・連帯保証人 といった負の遺産があるなら、相続するかどうかすぐに判断することは難しい (相続放棄は相続を知ってから3ヶ月以内に行わないといけない)。だから、なるべく早いうちに把握しておかないといけない。

そんなわけで、ここを読んでいる人に強く助言する。自分の借金、自分が保証人・連帯保証人になっていること、の2つの情報は、自分の推定相続人に普段から伝えておくことが大切だ。そうしないと、あなたが亡くなった時に相続人が大変苦労することになる (数年経ってから「○○さんは連帯保証人だったので今すぐ○千万円返済しろ」などと言われかねない)。逆に、自分が推定相続人である場合、その人の借金や連帯保証などを事前に調べておくことが望ましい (本人に直接質問することは難しいが…)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月 2日

「ちいさな会社の殺し方」から、契約書の意義を知る

ちいさな会社の殺し方という blog 記事を見つけた。そこには、こんなことが書いてあった。

前述のように、企業は取引を行うにあたって信頼を形にするために「契約」を交わす。ところがちいさな会社の場合、高度に発達した信頼関係は契約と区別がつかない。言い方を変えると、"なぁなぁ"のまま話が進むのが通例だ。

信頼している相手との間に契約書を作るなんてよくないことだ、という感性が日本には残っている気がする。だが、それではまずいということなのだろう。

話は少し変わるが、昔、どんな小売店でも何か購入したら「レシート」を発行しているのを見て、不思議だった。今なら、代金を支払った証憑だから発行するのが原則だ、ということが分かる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »