« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »

2011年2月25日

生活保護受給者の家計一例を見て考えた

生活保護母子家庭の貧困生活 4人暮らしで支給額は21万円…生きる気力もないという2ちゃんねるまとめ記事を読んだ。出典が怪しいと思っていたが、youtube に上げられているらしいので、まあ、実例なのだろう。

この記事ではかなり叩かれているが、家賃1万5000円のところに住んでいるなど、それなりに節約しているように思われる。一日食費416円で生活していたら、贅沢と言われてフルボッコという別の blog でも、やりくり上手ではないかと擁護されており、それなりに同意できる。

ただ、携帯電話代を含む通信費が月に1万6000円は高すぎるだろう。後者の記事には「電話代16000円(携帯含む)というのは、求職中の家族としては常識的な範囲に収まっています。」などと書いてあるが、どこが常識的なものか。WILLCOM ならつなぎ放題 (packet 通信し放題) で月額980円 (もちろん電話として着信可能)、他の会社を選んでも月額6000円を超えることはないだろう。どれだけ電話代を無駄遣いしたらこんな金額になるのだろうか。正直に言うと、携帯電話の通信費と本人の能力との間にはかなり強い負の相関があるように思う。友達がいないというわけでもないのに通信費を月額2000円以下に抑えることができる人は、大抵非凡な人だ。

さて、話は戻るが、この21万円という支給額は高いだろうか、安いだろうか。働きもしない女性が、子ども3人いるだけで21万円も受け取っている、と考えたら高いようにも感じるだろう。手取りが21万円より少ない勤労者は、自分の境遇と比べて「もっと金額を下げろ」と思うに違いない。その感覚は一般的だ。

だがしかし、待ってくれ。この金額をこの女性が1人で使い込んでしまうわけではない (使い込んでしまう受給者もいるが、この女性はそうではない)。子ども達がいるからこその金額だ。そして、生まれてきた子ども達は何も悪くない。日本国憲法が身分差別をせず教育の義務 (教育を受けさせる義務) を理念として掲げている以上は、子ども達にはそれなりの機会が与えられなければならない。この女性への支給額を下げたところで、最も苦しむのはこの女性ではなく子ども達だろう。

生活保護が行政にとってかなりの負担になってきていること、また放置していたらいずれ財政が破綻することは既に明らかだ。だからといって、機械的に金額を減らせばいいかというと、そうでもない気がする。いいかどうかは分からないが、以下のような方針をとれば少しはマシになるのではないかと思う (しかし、弊害も大きい案なので、良案かどうかは不明)。

  • 生活保護を受給している者は、その期間は全ての親権を差し止められ、国か地方自治体か (公的に選ぶ) 代理人が親権を預かる。生活保護費は単身として計算されるが、親権を預かった者から監護権が委任され (逆輸入みたいなもの)、それに伴う費用が対価として支払われる。ただし、その対価分には領収書が必要。
  • 生活保護のうち、居住費に関する部分は現金給付の代わりに現物給付も可能とする。競売で売れ残ったりした不動産物件を国は無理に売りさばこうとせずに、受給者を住まわせることもできるようにする (もちろん、全ての受給者を住まわせるほどの軒数は揃わないので、希望者のみ)。国が指定した物件に居住した者は、居住費が現物給付になる代わりに、その他の現金給付金額が少々増額される (たとえ増額しても国にとっては出費減となる)。
  • 扶養義務がある親族は、生活保護水準の1.5倍までの所得を超えていたら扶養を拒否できない。具体的には、受給者 A への扶養義務がある B は、もし B の家族が生活保護を受けた際の金額が24万円だとしたら、所得が36万円を超えている場合には扶養を拒否できない。
  • 扶養義務がある親族のうち、養育費を負担しなくてはいけない親 (離別した親) は、特に厳しい措置を受ける (強制執行約諾がついた公正証書があるのと同じ状態となる)。金額は世間の相場 (3万円~5万円程度)。

うーん、素人考えだから、やっぱりどこかに穴がありそうだ。国民感情に配慮しながら受給者もそれなりに保護できる制度が望ましいのだが…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月15日

息子語録 (4)

  • 『仮面ライダー剣』の opening 曲の歌詞「風に捲られたカード 占うように笑う」の部分を聞いて「ねえ、誰が笑ったの?」
  • 入浴前に全裸になった息子の尻を見て妻が「あ、桃だ、食べちゃおうかなー」と言ったら、真剣に「食べたらあかん! 血ー出る!」
  • 初めて仮面ライダー 555 の belt を買ってもらい、DVD の映像を見ながら同時に装着して「○○君 (自分の名前) 変身しない…」(おもちゃと画像演出との違いを初めて知った瞬間)
  • 仮面ライダー W の色 (形態によって何色もある) について、「お父さん、お母さん、どの色が好き?」と訊いてきて、妻が「赤とシルバー」と答えたら、息子には「しろバー」と聞こえたらしく、「○○君 (自分の名前) はあおバーときいろバーが好き」
  • 映画『シンケンジャー vs ゴセイジャー』でシンケンレッドが敵に捕らえられて衣装が黒くなり、他のシンケンジャーやゴセイジャーに敵対する場面を見て、「シンケンジャー、嫌い。黒いシンケンジャー、怖い」
  • ゴセイジャーの ending 曲で「♪ 祈りよ届け ゴー! セイ! カード!」の部分を「色々届けて ゴー! セイ! カー!」
  • 仮面ライダーオーズの opening 曲で「♪本気出して 戦うのなら」の部分を「本気出して 戦うおなら」(本人は正しく発音しているつもりかも知れない)

うーん、他にもあったはずなんだけど、思い出せない…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »