« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »

2010年10月31日

「怖い人 (ドーパント) と写真を撮りたかった」

息子を仮面ライダー W の催し物 (無料舞台) に連れて行った。20分間程度の舞台の後、仮面ライダー W との写真撮影会があった。もちろん息子も並んで写真を撮ったのだが、取り終わってから一言。

「怖い人 (ドーパント = 怪人 のこと) とも写真撮りたかった」

息子よ、お前が普段から鬼とか幽霊とか大好きなのは分かるが、ドーパントが好きってのはかなり変わってると思うぞ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月27日

私は関西派か関東派か

知ったときに驚いた関東と関西で異なることランキングという記事を見つけた。面白そうなので、そのうちいくつかを取りあげて私が関西派か関東派か考察したいと思う。

  • エスカレーターに乗るときの立ち位置 …… 関東は日本標準、関西は国際標準、という話を聞いたことがある。私はその地に合わせる。(しかし、札幌に帰省した時に左右間違えてしまったりすることもある。) [結論 : どちらでもない]
  • マクドナルドの略し方 …… 私は「マック」。しかし、「McDonald's」のうち「Mc」しか言語化していないので、1文字だけでも「Donald」を表す発音を含む関西の「マクド」の方が情報量は多いと思う。 [結論 : 関東派]
  • 食パンの好み …… 私は薄い方が好き。6枚切りでも8枚切りでも OK。でも関西では8枚切りは殆ど売られていない。 [結論 : 関東派]
  • たこ焼きの位置づけ …… 私はたこ焼きの食事も可。たこが入っていなければ更によい。話題は逸れるが、私は Pizza を食事として認めない派。 [結論 : 関西派]
  • 「自分」の使い方 …… 私は myself の意味 (または one's self の意味) にしか使わない。漢字の「自」の意味から。 [結論 : 関東派]
  • 買い物の仕方 …… あまり値切らない。「関西人は telephone card でも値切る」という話を聞いた時はびっくりした。 [結論 : 関東派]
  • しるこの呼び方 …… いまだに「善哉」と言われてもピンとこない。 [結論 : 関東派]

やはり、北海道は東日本に入るからだろうか、割と関東派かも。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2010年10月24日

家系図作成の経過報告

現在、戸籍を辿って家系図を作成している。「家系図ツールズ」という tool の無料版を使い、入力した人数は400人を超える。

見ていると、色々と面白いことが分かる。例えば、妻の父の父は双子らしい、など。あと、私の父系・母系で知らない姓が出てくると、「そうか、私の祖先を辿るとこんな苗字だったのか」などと感じる。因みに、風間・佐藤・結城・淺井・松田・石原などの姓が私の祖先に現れる。

多分、家系図作成の折り返し地点は過ぎた。あと数ヶ月くらいで完成するだろう。完成したら、それぞれの人の埋葬場所と宗派を調べようと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月22日

名刺印刷の価格

名刺の印刷に、今までは融通の利きやすさ (私の通勤経路から bus 1本で行けるため、印刷後に直接受け取りに行くことで納期を短縮できる、という技) で名刺屋.JPというところを利用していたのだが、マヒトデザインという、料金面でなかなかのところを見つけた。比較してみようと思う。

種類名刺屋.JPマヒトデザイン
片面白黒735円+送料210円380円+送料180円
両面白黒1050円+送料210円587円+送料180円
片面色付1260円690円+送料180円
表色付,裏白黒1575円790円+送料180円
両面色付1890円890円+送料180円

マヒトデザインの方が全面的に安い。でも、日程 (納期) に余裕がないと厳しいかなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月20日

無駄遣いを少なくしたい

生前、父は言っていた。「借金がある方が頑張って働く気になる」と。しかし、学生の頃の私にはその気持ちは分からなかった。

その頃、実家の土地と建物の借金に対する返済額は毎月19619円だった。私はこの金額を見て、「もっと返済額を増やしてさっさと完済してしまえばいいのに」と思い、父にそのことを質問したのが発端だった。

今なら、父の気持ちが少し分かる。人間、借金があると、きっと無駄遣いは減る。私の今の消費生活のどこに無駄があるのか、それは洗い出してみないと分からないが、まあ、(どうしてもお金を使いたい趣味的な分野を除いて) 無駄遣いを減らすことは、良いことだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月19日

塾に行かないことはそんなに珍しいことなのか

私は、小中高を通じて塾・予備校に行ったことがない。実際には、

  • 高校生の時、模擬試験を受験するためになら予備校の校舎に何度も入ったことがある
  • ある予備校で、1コマだけ無料の講習をやっていたので、受けに行ったことがある
  • 高校3年の終わり頃、塾の講師募集に応募して、確か1コマだけ授業をしたことがある (実際に給料をもらったのは大学に入ってから)

ので、「行ったことがない」というよりは「通ったことがない」「お金を払ったことがない」という方が正確だろう。

この話を妻にしたら、びっくりされた。上位の大学に進学する中高生で塾・予備校通いをしていない人は殆どいない、という認識らしい。京大・阪大に行く人で塾・予備校に通ったことがない人はまず見かけないんじゃないか、と言われた。私の認識は逆で、京大・阪大に行くような人なら塾や予備校に通ったことがない人が一定の割合で ( 1~2割程度) 存在するのではないかと予想している。

実際のところはどうなんだろう。この記事を読んでいる方に質問したい (30代以下限定)。comment として書くか、e-mail にて教えて欲しい。(1) あなたの中学生時代、級友の何割程度が塾や予備校に通っていたか。(2) あなたの高校生時代、級友の何割程度が塾や予備校に通っていたか。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2010年10月16日

のぞみ停車駅の考察

リニア新幹線、『直線』で決着へ」という記事を読んで、ほっとした。高速鉄道を無駄に迂回させると、高速鉄道としての意義を失うからだ。

こういった我田引鉄を目論む話は、時々出てくる。関西だと、新幹線栗東駅が記憶に新しい。新駅 (または速達列車の停車駅追加) を要望する住民は、自分たちの便利さを主張するのだが、その一方で新駅開業 (または速達列車の停車駅追加) によって速達列車はどんどんその意義をなくしていく。では、その線引きはどのように行われるのがよいだろうか。新幹線のぞみを例に考察してみた。

以下、東海道・山陽新幹線の経由都道府県とその県庁所在地の人口である (単位:千人、数値の根拠)。その都道府県がのぞみ停車駅を何駅開業できるか、は Sainte-Laguë 方式 (サン=ラグ方式) により判断することとした (人口130万人以上で1駅、という基準)。

都道府県名県庁所在地人口÷1人口÷3人口÷5人口÷7Sainte-Laguë 方式による駅数 (議席数)
130万人以上で1駅、の場合
東京都東京84832827169612113
神奈川県横浜357911937155111
静岡県静岡7002331401000
愛知県名古屋22157384433161
岐阜県岐阜39913379570
滋賀県大津30110060430
京都府京都14744912942101
大阪府大阪26288765253751
兵庫県神戸15255083052171
岡山県岡山674224134960
広島県広島11543842301640 (もう少しで権利発生)
山口県山口1916338270
福岡県福岡14004662802001

もちろん、これが暴論であることは分かっている (京都府を除けば、人口が県庁所在地に集中しているわけではない)。だが、東海道新幹線の範囲に絞れば、この表が実際ののぞみ停車駅数をきれいに表していることが分かるだろう (東京都の場合、はやてが停車する上野駅を便宜上含む)。

この表から山陽新幹線を考察すると、新大阪・新神戸・博多の3駅に次点の広島駅を加え、全4駅でよさそうな気がする (もちろん、地域事情を無視した人口だけの考察である)。

長野県の県庁所在地 (長野市) の人口は37万8千人。残念ながら、Linear のような速達列車の停車駅を要求するには、あまりにも人口が少ない。長野県に1駅認めると、神奈川県には5駅認める計算になる。長野県の人には申し訳ないが、やはり直線経路が最善だと思う。

この計算を北海道新幹線に適用すると、東京-上野-大宮-仙台-札幌、となる (広島と同程度の人口で駅を認めた場合)。東北・北海道地方がいかに人口密度が低いか、顕著だ。だが、ここまで停車駅を減らせるのなら、北海道新幹線が開業しても所要時間短縮で意外と飛行機ともいい勝負になるだろうか。東京-大宮間のノロノロ運転は仕方ないとして、大宮-札幌間を E5 系やそれより未来の高速車両で仙台駅以外は全駅通過、所要時間3時間強…。技術的に可能かも知れないが、これから人口が減っていく日本で採算が取れるだろうか…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »