« 千葉法相は大臣を辞める必要はない | トップページ | 公証役場を通した文書は非常に強力 »

2010年7月19日

スーパー戦隊の主題歌と仮面ライダーの主題歌

息子がスーパー戦隊や仮面ライダーに興味を持つので、我が家の関連 DVDs の枚数は増える一方である。今日は主題歌の話。

スーパー戦隊シリーズは、仮面ライダーシリーズよりも低年齢層を対象としている。そのことを顕著に表す例の1つが、主題歌だ。仮面ライダーシリーズの主題歌は、裏拍で始まるものが多く、覚えにくいものも多い。それに対し、スーパー戦隊シリーズの主題歌は、表拍で始まるものが多く、旋律も比較的単純であるため、覚えやすい。息子が「炎神戦隊ゴーオンジャー」のサビを1回聴いただけでその部分を歌い出したのには驚いた。

しかし、副作用として、スーパー戦隊シリーズの主題歌はどれも似通ってくる。歌詞の「○○戦隊○○ジャー」の部分は、他の作品と置換可能であることが多い。

余談。私は小さい頃、これらの作品をあまり見ていなかった (秘密戦隊ゴレンジャーだけは見ていたらしい)。戦闘場面を見るたび、「どうして飛び道具を使わないのか、戦闘の勝敗は遠距離攻撃こそが要ではないのか」などと考えていた。しかし今となっては、肉弾戦が美しいと感じる。特に、仮面ライダーのライダーキックの姿勢の美しさと CG による破壊力表現との組み合わせが、とても好きだ。(遠距離攻撃だけでは、仮面ライダーの強さは表現しにくい。)

|

« 千葉法相は大臣を辞める必要はない | トップページ | 公証役場を通した文書は非常に強力 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/40604/48912331

この記事へのトラックバック一覧です: スーパー戦隊の主題歌と仮面ライダーの主題歌:

« 千葉法相は大臣を辞める必要はない | トップページ | 公証役場を通した文書は非常に強力 »