« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »

2009年12月27日

安上がり生活をするなら

妻の友人の話。あまり詳しくは書けないが、ちょっと気になることが。

正確には分からないが、その友人の夫は自分の妻を所得税法上の配偶者控除にしてないようだ。そして、(無職で年金生活だと思われる) 自分の両親や自分の妻の両親も扶養控除にしていないようだ。何ともったいない! これは、所得税額だけの問題じゃない。住民税額にも影響するし、子どもの保育料だって前年度の確定申告の課税対象所得から計算されるんだから、割高になっている可能性も結構ある。

妻の友人の携帯電話から妻の PHS へ、最近頻繁に電話がかかってくる。数十分程度の長電話になることが多い。長電話自体は全く構わないのだが、携帯電話からかけているということはかなりの通話料になっているのではないだろうか。他人事ながら、気になる。もし自宅に固定電話があるならそこから電話すれば安上がりなのにそうしないのは、もしかして夫婦共に携帯電話を持っていて自宅に固定電話がないという生活様式なのだろうか。自宅での (PC による) INTERNET 接続もないように思われる。

他人の生活を、それも自分の直接の友人ではない他人の生活を推測するのは失礼だと分かっているが、もし単に節約術を知らないだけなら、私が知っている範囲の節約術を伝えたい。


ふと考えた。もし私が安上がり生活をするなら、どうするだろう。

最低限の電話が必要なら、「スパボ一括」ができればそうするし、そうでなければ Softbank の「プリモバイル」で毎月の費用を200円以下に抑えて着信専用にする (大阪では3000円分の prepaid card が2650円くらいで入手でき、これを使って電話番号を420日間保持する)。発信時は公衆電話を使う。

INTERNET へ繋ぎたいなら (mail 送受信含む) WILLCOM の月額980円の繋ぎ放題を契約し、SIM だけ取り出して jacket だけ別途調達して電話機として使う。通信速度に不満があったら e-mobile に。


携帯電話・PHS の無料通話分ってのは、曲者だ。月額基本料が高いほど無料通話分超過通話料が割安、という仕組みも曲者だ。たいていの人は、自分の基本料の高さを忘れて、無料通話分と超過通話料のみを気にする。でもこれこそが、毎月の電話代を無意識のうちに増大させる罠なのだ。

電話代を安上がりにしたいなら、超過通話料がどんなに高くてもいいから月額基本料が安い契約を結ぶ方法がよい。なぜなら、超過通話料が高ければ「なるべく通話しないでおこう」という自制心が強く働く。私が最初に携帯電話を持ったときの契約は、通話料が1分120円~150円だった。それだけ高ければ、よほどの事がない限り自分から電話することはない。だから、私の電話代は昔から結構安上がりだった。(余談だが、ロシアへの留学時、日本への1分程度の通話で3000円以上取られた経験もある。当時の KDD の指名通話の着信払いは非常に高かった。そんな経験があるから、私はどうしても電話代を安くあげようとする傾向が強い。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月25日

「長生きしたくない」という書き込みを見かけるが

web pages を適当に彷徨っていると、時々「長生きしたくない、50歳で死にたい」というような書き込みを見かける。そういう書き込みを見るたび、思うことがある。

仮に25歳の人がいるとして、その人の本来の寿命を75歳 (余命50年) だとしよう。この人が「50歳で死にたい」と言った場合、余命25年なのだが、その25年間は25歳~50歳の体での25年間だろうか、それとも50歳~75歳の体での25年間だろうか。

典型的なのが、喫煙者の言い訳「オレは太く短く生きたい」だ。喫煙していれば、確かに短くなるだろう。だが、「太く」は実現するだろうか。上の例に当てはめると、50歳の体の時に人生が終わる訳じゃない。喫煙によって余命はどんどん短くなっていき、死ぬ頃には老衰に近い状態になっているだろう。全然「太く」ない。そして最後は「たばこなど吸わなければよかった」と後悔する人の比率も高いだろう。

この話の元の発想は、「1日が30時間ならいいのに」である。自分の自由時間が6時間増えるのなら、悪くないかも知れない。でも、1日8時間労働が14時間労働になるとしたら、みな耐えられないのではないか。1日が6時間増えても、その分が自由時間になるか労働時間になるかで、天地の差がある。多くの人は自由時間が増えることを勝手に想定するだろうか、本当に1日が30時間になったら勤務時間が増えるだけじゃないだろうか。

ま、仮定の話を展開してもあまり面白くないのだが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月 6日

後で読もう (30)

以下は過去の「後で読もう」。

29 28 27 26 25 24 23 22 21 20 19 18 17 16 15 14 13 12 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年12月 4日

とある市場の要人目録

  • 上条当麻 … 能力は内定殺し (ナイテイブレイカー)。生まれたときから右手に宿している。右手で触れた人物のありとあらゆる内定を取り消す。その特性ゆえに、学園都市における検査結果では無内定者 (レベル0) の烙印を押されている。決め台詞は「そのふざけた内定をぶっ取り消す」。
  • インデックス … 完全記憶能力によって10万3000人の東証1部2部上場企業の要人の私事 (privacy) を記憶し、人でありながら要人図書館。その内容は本人が見たら発狂するほど暴露性が高い物で、財界の要人を脅迫できるほどの価値があり、その内容を狙う追っ手は後を絶たない。
  • レベル5 … 学園都市230万人の中でも7人しかいない、就活能力者。新卒者を募集している企業であればどんな企業からでも内定がもらえるとされ、「超内定者」と呼ばれる。「無内定者」「単内定者」「複内定者」「多内定者」「強内定者」はそれぞれレベル0~レベル4と呼ばれている。新卒採用予定がない企業からも内定を取ることができる「絶対内定者」(レベル6) は幻の能力とされる。

…この記事は虚構であり、実在の小説とは関係ありません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月 3日

俺は上着は着ない 多分着ないと思う 着ないんじゃないかな まちょっと覚悟はしておけ

12月だというのに、なんという暑さだろう。最高気温が17度とか、やっと秋が深まってきたような気温だ。

朝ちょっと寒かったりして外套を着てみた日もあったが、汗だらだらになってしまった。

でも、雪虫っぽい虫も見かけたので、そろそろ雪だろうか。全然そんな気配はないのだが。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »