« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »

2009年7月31日

踏切で危うく非常釦のお世話に

たった今、四条畷駅近くの踏切での出来事。私の斜め後ろで踏切を渡ろうとしていた老人の電動椅子が、突然動かなくなってしまった。振り返ると、充電が切れたのか、何度も起動しようとしても動かない様子。

列車が近づいてくるところが遠くに見えたので、急いで戻って「押しますね」と断り押してみたものの、なかなか動かない。だが、電動椅子後部には「耳が不自由です」と書いてあったので、老人に状況を説明するよりも押すことを優先した。

「いよいよ非常釦の出番か?」と頭に浮かんだところで、電動椅子がやっと動き出した。踏切を渡りきったところで、警報機が鳴り始めた。間一髪というほどではないが、もしあと10秒くらいモタモタしていたら、本当に非常釦を利用する羽目になっていただろう。

この様子を見つけたのか、渡りきる少し前に若い女性が助力にきてくれた。渡りきった頃、電動椅子の駆動力が回復したので、あとは現場任せにして立ち去った。

一応、「いいことをしたかな」とは思う。一日一善とはいかないが、年に何度かこういうことがある。今こういったことをしておけば、自分が老人になった時に誰かから還ってこないかなぁ、と思う。社会的な善行貯金。貯金の口座名義は個人ではなく社会全体だが、まあ、それで構わない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月24日

彼岸過迄

「彼岸過迄」と言っても、本家夏目漱石の作品ではなく、さよなら絶望放送第96回のこと (配信は2009年8月13日まで。該当部分は開始から40分40秒経過後)。既に1週間以上前の話だが、忘れずにこの記事を書いておきたい。

短い作品だが、この短さの中に可笑しさと虚しさ、そして (朗読順序として) 死よりも遠く感じるあの再開がうまく込められている。大変秀逸だ。時間に余裕があったら是非聞いてみてほしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月19日

うつ病の傾向?

妻に、「最近は仕事が楽しそうに見えない。うつ病の傾向があるんじゃないか?」と言われた。そうなのだろうか…。

以前と比べて、楽しくない仕事の比率が高いことは確かだ。うーん、細かいことを書き出すと愚痴になってしまう。

理由の1つは、息子にかかる時間だ。今、急いでやらなくてはいけない仕事は、少なくとも2~3時間は誰にも邪魔されない環境 (話しかけてきたり電話をかけてきたりする人がいない環境) が必要なのだが、息子を保育園に迎えに行く関係で職場ではそんな時間は確保できないし、自宅で作業しようと思っても息子が完全に寝入るまでは作業を開始できない。だから、作業開始はどうしても23時や0時頃になってしまう。

現在、午前2時を過ぎたところ。とりあえず一段落したので、今日はもう寝ようかと思う。いや、ホント、体力がもたない。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年7月18日

運転免許証、見つかる

先週の木曜に紛失したままになっていた運転免許証を昨日見つけた。職場に常備してある非常時用の着替えに入ったままだった。

私は普段は車通勤ではないので、免許不携帯にならずよかった。もし車通勤だったらどうしていただろうか。免許証を見つけるまで律儀に公共交通機関を使っていたか、それとも「見つからなければいい」と考えて車を運転していたか…。こういうところは、性格の差がでるところだろう。

危険物取扱者免状と住民基本台帳 card も一緒だったので、それら全て再発行してもらう手間を考えると、見つかって良かったと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月13日

後で読もう (27)

この週末、ちょっとしんどい出来事が発生した。人間関係の問題ではないのだが、土曜日は思考が悪い方向に進みがちで困った。最悪の事態への覚悟はまだできていないが、少しは咀嚼できたようで、今日のしんどさはある程度ましになった。人間は弱い存在だ、と感じた。この blog にその内容を書くかどうかも未定。この blog を読んでいる人にとっては「中身が明かせないことなら書くなよ」と感じるだろうが、自分としては今の心情を書き記してからじゃないと以下の「後で読もう」が書けないので、そこは勘弁してほしい。

以下は過去の「後で読もう」。

26 25 24 23 22 21 20 19 18 17 16 15 14 13 12 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月 9日

アンパンマンで学ぶ garbage collection

Wikipedia のアンパンマンの項目に「なお、顔の交換の際弾き飛ばされた古い顔は自然消滅する」と書いてあったので。これって、アンパンマン世界が garbage collection を行っていると言えないだろうか。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年7月 8日

目覚まし音に気付かない

今朝は目覚まし音に気付かなかった。妻と息子を起こさないように最小音量にしたのが裏目に出たようだ。(水曜は私より遅く起きても良い) 妻には目覚まし音が聞こえていたようなので、なお悪い。

次回からは音量も考慮しなくては。(もっと早く寝ろ、という声もあるかも知れないが、息子が眠ってからでないと落ち着いて作業できないため、早寝は難しい。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月 6日

「本来の『有給休暇』の使い方とは、体調不良により休む場合です」という暴論

『有給休暇の本来の使い方は、遊ぶため』です。」という記事を読んで、「本来の『有給休暇』の使い方とは、体調不良により休む場合です」という暴論 (雇用者側がこんなことを主張したらもちろん違法) をいかにも正論のように主張している人がいることを知った。

続きを読む "「本来の『有給休暇』の使い方とは、体調不良により休む場合です」という暴論"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月 4日

Vista における aspi32.sys の更新

MS Windows Vista を使っている際に、時々 blue screen で強制終了することがあった。管理者で log in した際に Vista から「aspi32.sys を更新せよ」と表示されるので、そこの link を click してみたが、Adaptec 社の検索頁が表示されるもののどう検索してもうまく見つからない。

Google で「aspi32.sys Vista」と検索すると、aspi_v471.exe という file が必要らしいことが分かる。「aspi_v471.exe」で検索すると、Adaptec 社の ASPI Driver for Windows version 4.71 を紹介している頁がいくつも出てくるが、ASPI Driver for Windows version 4.71 から目的の file を入手できない状態にある (「The resource cannot be found.」と表示される)。

結局、色々調べて、Windows ASPI drivers version v4.71.2 なら入手できることが分かった。ここまで長かった…。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »