« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »

2008年10月29日

身なりが原因で高校不合格は妥当か

服装、態度で22人不合格=成績は圏内-神奈川県立高」…この blog ではこういう時事ものはあまり扱わないんだけど、ちょっと書きたくなったので書く。

以下、記事抜粋。

神奈川県教育委員会は28日、県立神田高校(平塚市)で2004、05、07年度に行われた入学試験で、内申書、学力試験、面接の総合的な成績順位は合格圏内に入っていたのに、願書受け付け時の服装、態度などが悪く入学後の生徒指導が困難と判断した受験者22人を、選考基準に従わず不合格にしていたと発表した。

これは予測だが、多分、「服装や態度が悪いのなら不合格で当然」といった記事を書いた blogs も多いことだろう。しかしそれは感情論だ。そんなことを認めてしまっては、感情を理由に不条理なことまでまかり通ってしまうだろう。

問題は、願書受付時の服装・態度が面接評価に含まれるかどうかだろう。この場合、面接評価は面接時間内だけを評価対象とすべきかどうかが焦点になると思う。もし、面接評価は面接時間内だけを対象とするというのなら、面接時間外の服装・態度が悪かった22人は合格させるべきである。

しかし私は、面接評価は面接時間外も含めてよいと考える。面接は人物評価のために行うものであり、時間内に限定されるべき性格のものではない。(会社の入社面接なら、必要に応じて受験者を尾行してもよいのではないか、とさせ思う。)

なので、この校長の処分はいきすぎに感じる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月19日

受験 : 上級 system administrator

受験してきた。前回と違い、今回はちゃんと事前に参考書を買って10頁くらい読んで行った。因みに、受験会場までの移動中も読もうと思っていたのに、持っていくのを忘れてしまった。私は大馬鹿者だ。

予定通り午前の試験は (許容範囲である30分は超えずに) 遅刻して入場してきた。午前はいつも時間が余るから、ここでは気力を消費したくない。

さっきの自己採点 (午前) は正答率 85%。午前は突破できたと思う。問題は午後。特に午後 I の出来が心配。

午後 II は本当に辛かった。2時間で3500文字以上書いた。答案が出来上がったのは終了3分前。あぁ、午前・午後 I のように途中退室したかったのに、午後 II でこんなにかかるとは…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月12日

『理系の人々』

『理系の人々』という書籍を同僚から借りた。「中尉のことだ」と言われて渡されたので、読んでみると確かにかなりあてはまる。

でも、書籍中ではまるで理系が特殊なように描かれているが、本当にそうだろうか。文系だって、本物の文系人間はかなり特殊だ。理系・文系といった単純な分類が妥当かどうかは別にしても、世の中は本当に理系・文系という分類が合っているのだろうか。

理系・文系の2分類より、理系・非理系・真文系の3分類の方がしっくりくる気がする。理系でもないけど真文系でもない人たち、ここではあえて「非理系」と書いたが、そういった普通の人たちから見たら、理系も真文系も変人に見えるだろう。

せっかくだから、俺はここで本の感想を述べるぜ!

  • #011「理系とコンセント」……タコ足配線用電源分岐器は常に2つ持ち歩いている。電源口を自分1人でふさいでしまわないための当然の礼儀だ。
  • #030「理系と謎」……その場で調べないで、いつ調べるというのだ?
  • #034「理系の会話」……自分の処理能力を超えてしまったら、理解できるまで一時停止してもらうのは普通のことだろう。
  • #045「理系のかばん」……財布も鍵も iPod も laptop PC も PHS も DS も外付け HDD も常に持ち歩いている。最近は PC 用予備 battery も。技術書は重たいから、持ち歩く代わりに PDF や画像にして PHS (数冊分) や外付け HDD (数十冊分) に入れ、いつでも歩きながらでも読めるようにしている。
  • #050「理系と安全」……ちょっと待ってくれ、security の破り方を一通り考えない方がどうかしてるぞ。
  • #057「理系と血液型」……可能な限り嘘はつきたくない。
  • 「文系&理系の1日」……納得いかない。こんなのは非理系なだけであって、真文系じゃない。
  • #063「理系とバレンタイン」……計算なんてしていない。形を見たら全体像が透けて見えるだけ。
  • #078「理系とライト」……あんなの飾りです。偉い人にはそれが分からんのですよ。
  • #087「理系と餃子」……独自理論じゃない、正論だ。
  • #088「理系と名前」……元の言葉が分からないと略語自体覚えられない。
  • #093「理系の分類」……理学系と工学系では上下関係の厳しさなんかも違うらしい。因みに私は出身学部・研究科は文系。
  • #094「理系の条件」……このイライラはよく分かる。なぜ偉そうに「なにそれ」なのだろうか。
  • #099「理系と居酒屋」……こうした hacking は社会人としての基礎じゃないのか? (注釈 : cracking ではない。)
  • #103「理系とごみ」……どうでもいい所、じゃあない。燃えるごみと燃やすごみじゃ意味が全然違う。理系人間って、言語能力が高めの人が多いと思う。
  • #109「理系と水」……錠剤は、2~3個なら水なしでのむ (のめる)。でも喉の感覚が変な気がするので、少し経ってからやっぱり水も飲む。
  • #113「理系とレジ」……これって、理系よりも経営学やっている人や企業人 (特に QC や生産管理をやっている人) の方が敏感じゃないだろうか。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年10月 7日

modeling 例

modeling の題材集。詳細は後で。

情報処理技術者試験 (application engineer) 過去問題

  • 2007年 (平成19年) 秋期 午後 I 問1 … インターネットを利用した書籍販売システム (Amazon のようなもの)
  • 2007年 (平成19年) 秋期 午後 I 問2 … 販売システムの移行設計 (POS, 配送センタ)
  • 2007年 (平成19年) 秋期 午後 I 問3 … 顧客管理支援システム (銀行)
  • 2007年 (平成19年) 秋期 午後 I 問4 … 販売管理システム (輸送機器製造販売会社)
  • 2006年 (平成18年) 秋期 午後 I 問1 … 外食業の店舗業務管理システム
  • 2006年 (平成18年) 秋期 午後 I 問2 … セキュリティ強化に伴うシステムの変更 (代ゼミのようなもの)
  • 2006年 (平成18年) 秋期 午後 I 問3 … システム統合の方式設計 (中堅家具メーカーの合併)
  • 2006年 (平成18年) 秋期 午後 I 問4 … プロジェクト原価管理システム (ソフトウェア開発会社のプロジェクト管理)
  • 2005年 (平成17年) 秋期 午後 I 問1 … ソフトウェア開発の品質・進捗管理
  • 2005年 (平成17年) 秋期 午後 I 問2 … ワークフローシステム (海外出張の申請・精算業務の効率化)
  • 2005年 (平成17年) 秋期 午後 I 問3 … レンタル業務システム (TSUTAYA のようなもの)
  • 2005年 (平成17年) 秋期 午後 I 問4 … 基幹業務システム (鋼材卸問屋の ERP)
  • 2004年 (平成16年) 秋期 午後 I 問1 … 通信販売業者の会員用システム
  • 2004年 (平成16年) 秋期 午後 I 問2 … IC タグを用いた図書管理システム
  • 2004年 (平成16年) 秋期 午後 I 問3 … 金融機関の融資審査システム
  • 2004年 (平成16年) 秋期 午後 I 問4 … 購買システムの新旧入れ替え

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月 6日

W-ZERO3[es] で「安心だフォン」

今回は WILLCOM に関する話。

私は今年5月に初代 W-ZERO3 (以後、「初代」) から Advanced W-ZERO3[es] (以後、「新[es]」) へと機種変更した。職場でも W-ZERO3[es] (以後、「旧[es]」) から新[es]へと機種変更した同僚がいたので、「もし旧[es]を使っていないなら初代と交換してくれない?」ともちかけ、ここで入手した旧[es]を私の妹に渡した。

私の妹は、この旧[es]を持って WILLCOM へ行き、「安心だフォン」を契約してきた。当初、店員は「W-ZERO3 では安心だフォンは契約できません」と言っていたのだが、「そんなはずはない、既にいくつも実例がある」と主張してちゃんと調べてもらい、OK となった。

それにしても、W-ZERO3 で安心だフォンが契約できることは、店員にも徹底されていないのだなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月 4日

後で読もう (22)

後で読みたい URLs。

以下は過去の「後で読もう」。

21 20 19 18 17 16 15 14 13 12 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »