« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »

2008年1月27日

中学の同級生だった K さんへ

中学の同級生だった K さんへ。軽度の知的障害を馬鹿にしてすみません。

新聞局で一緒に仕事をしていた時、新聞記事としてはおかしい文を取り上げて笑い者にしてしまいました。(今の私も人格者には程遠いですが) 当時の私は、今以上に残酷な面があったのでしょう。

あなたは卒業後に女子高に進学していき、1度だけ私に会いましたね。その時には普通に会話したように記憶しているのですが、私は中学時代を思い出しながら話していたので、もしかしたらぎこちない会話をしていたかも知れません。

今なら、100% 私が悪かったと思います。身分を明かしていない blog でこんなこと書いてもほぼ無意味ですが、私と直接関わった K さん以外の全ての K さん (K とは限らないけど「K さん」としておきます) にも向けて、改めて「ごめんなさい」。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月17日

大阪にもついに冬が来た

職場で初雪。長い秋が終わり、大阪にもついに冬が来た。

…と書いているうちに陽が差してきて雪がやんだ。春の到来? それともこれからちゃんと積雪してくれるだろうか。(北海道人である私にとっては、雪が積もらない季節を冬とは認めがたいものです。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月16日

病床に臥して「救済の技法」を聴く

ただ今、私も妻も息子も揃って風邪。最初に私が最も症状が重くなり、この週末は時間感覚もぐちゃぐちゃなまま布団で過ごしていたのだが、今は少々よくなってきた。しかし妻と息子が辛そう。

そんな状況なので、平沢進の「救済の技法」を聴いて過ごす。この album、とても気に入っている。照明を暗くして、聴覚だけに頼り、音楽から情景を想像しながら癒されているところ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月 6日

六甲山人工スキー場

先日、顧客と話をしていた時に、「六甲山人工スキー場に行こうかと思っている」と聞いた。へぇー、六甲山にもあるのか、と思い、後日調べてみた。

第一ゲレンデ 幅50m×長さ約260m

短い! 260m だなんて、あっという間だ。しかも、写真を見る限りはものすごく緩斜面っぽい。

行ったことはないが、大雪山黒岳スキー場の説明文と比較してみる限り、対極にあるような感じだ。(以後、強調部分は筆者による。)

●ダウンヒルコース
ロープウェイ山頂駅から下は、急斜面でコース幅もせまい。上級者以外はロープウェイで帰るのが賢明
雪質最高の新雪で、文句なしの豪快な滑りを求めて毎年多くのエキスパートが訪れる。
急斜面では雪崩の恐れもあるので、積雪状態によってはコースを閉鎖する場合もある。
中間に連絡場所はなく、全くの山スキーと認識して出かけよう。必ずグループで滑走し、また係員の指示を仰いでから出発しよう

楽天トラベルによる説明文

〔前略〕ロープウェイ山頂駅から下は超上級者向きの林道コース。急斜面で雪崩の危険もあるので、自信のない人はやめておこう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »