« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »

2007年12月22日

たくさんの2歳のお姉さん

間もなく1歳になる息子が保育園から帰ってきたときの保母さんからの連絡。

今日は、2歳の女の子から「カワイイ♥」と囲まれていた○○くん。たくさんのお姉さんが○○くんを見つめるので恥ずかしいのか、両手で顔をかくしたりバタバタ動かしていましたよ。

見てみたかったなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月17日

贅沢な悩み

情報処理技術者試験の Application Engineer 区分、午前640点、午後 I 650点、午後 II 評価「A」で合格していた。

その代わり、ここには書けない贅沢な悩みが発生してしまった (興味があれば個人的に問い合わせてほしい)。人間、堕落しないためには気の持ちようが大切だが、私の意思はそんなに強靭ではない。うーん。

後日談

|

剣、視聴終了

仮面ライダー剣を視聴し終えた。

視始める前は、主人公である仮面ライダー剣 (Blade) が恰好悪く感じられて (尖っている頭が間抜けな印象だった) しばらく避けていたのだが、King Form になったらそれなりに格好良くなった。一番好きなのは Chalice (カリス)、それも Wild Chalice の方。人間としては橘朔也。

次は何を見ようか。カブトが見てみたい気もするが、行きつけの TSUTAYA ではなぜかカブトの DVDs が途中までしかない。紛失でもしたのだろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月15日

神戸大学に行こうとして

神戸大学に行こうとして迷った。「有名な大学だから、駅で下車して適当に山に向かって (ちょっとだけ西に修正して) 歩けば敷地にぶちあたるだろう」という軽い気持ちで行ったのが間違いだった。自宅を出る前に地図を見て覚えたつもりだったが、想像していた縮尺と全然違った。

「大学だから、300m くらいの距離まで近づいたら独特の雰囲気 (というか気配) を感じるだろう」とも思っていたのだが、そうでもなかった。門らしいところまでやってきて「あ、ここが神戸大学か」と気付いた。正確に言うと、1つ目の門は見逃してしまい、2つ目の門まで歩いてしまった。敷地は広くなかったので、さほど遠回りにならずに済んだのが幸い。

そう言えば、神戸大学とはちょっと違うけど、昔早稲田大学に行った時に「有名な割には小さな大学だなぁ」と感じたことを思い出した。どちらも、勝手に色々思い込んでいた私が悪い。

自分が持っている感覚って、出身にかなり左右されるなぁ…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月14日

そろそろ TOEIC 受けなくては

仕事柄、英語はある程度できるようにならないといけない…のだが、この2年間くらい「忙しい、忙しい」と言って逃げている。

そうこうしているうちに、「宿題メール」の仲間に925点を叩き出された。すごい。私も逃げ回ってはいられない。

しかし、中国語もそろそろ必要となってくるので、今年の年末は1週間だけ中国語をやる予定。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月10日

調理前より炭色な

  1. 夕食当番の日、カレーを分量通りに作り始めた。
  2. 固形ルウを入れる直前、息子に食べさせるため妻が一部を取り分けた。
  3. 分量減を気にせずそのまま固形ルウを投入。
  4. ついついかき混ぜ忘れた。
  5. ちょっと焦げたカレーの出来上がり。

離乳食の量が増えてきたから、今後は取り分け量を考慮しないといけない。

追記 : キャベツは切っていない。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年12月 7日

2輪の運転が未熟

1年前に中古で買った YZF-R6、少しずつ乗り慣れてきた。最初のうちは色々びくびくしながら乗っていたのだが、今ではわりと relax して乗っている。

でも、4輪よりも乗る機会が少ないので、どうにも運転が下手だ。先日、1点気づいた。私は前輪制動がうまく使えていない。後輪制動に頼り過ぎている。だから、高速からの少々急な制動が下手だし、後輪もちょっと滑るような感じがある (気のせい? 識者の方々、ご指導を)。

一応大型2輪の運転免許保持者だし、事故を起こさない程度に公道は走れるのだが、上手な人に私の走りを見てもらったらきっと課題がいっぱいだろう。あぁ、HMS (Honda Mororcyclist School) に参加してみたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月 5日

Plagger に挑戦

前々から挑戦してみたかった Plagger を自分の PC に入れてみた。ActivePerl 5.8.8.820 だったからか (まだ 822 じゃないのはご愛敬)、ppm が GUI で起動してしまったりして苦労した (ppm-shell で CUI が起動する)。

感想。あちこちの web から飛んで行く先の本家は死んでるっぽいし、障害があっても参考になる情報は少ないし、そのくせ「古い ActivePerl を選べ」というような情報は多いし (security 面は無視?)、本当に敷居が高い。学生のうち、独身のうちなら自由時間を集中的に投入して何とかなるだろうけど、そうじゃない人は手を出すのにもかなりの覚悟が必要っぽい。Ruby on Rails の「gem install rails -y」と比べたら、本当に大変だ。

明日以降、少々試用してみようと思う。枠組みが理解できたら、得るものも多そうだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月 3日

無駄な時間に意味づけをする性分

今日見た TV 番組で、舛添要一が「国会議員でもできる人は20時頃までしか会合をしない」みたいなことを言っていた (うろ覚えだから不正確かも知れない)。彼自身は家事もかなりやっているようだ。どうやって時間をやりくりしているのだろうか。

…などという blog 記事を午前2時以降に書いている時点で、私はダメなのだろう。なぜこんな時刻まで起きていたのだろうか。本当に有意義な時間 (有意義な休憩、有意義な無為を含む) を過ごしていただろうか。

人間、客観的には価値がないことでも、自分の行動には理由づけをしたくなるものである。アンサイクロペディア「ある自宅警備員の一日」における parody 漫画のような論立てをすると、自分の行動に正当性ができ、新たな行動ができなくなる。

あー、振り返ってみると、今の自分も過去の自分も、反省点だらけだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月 1日

500年後の未来から

私は普段、妻から「宇宙人」と言われることが多い。一昨日、妻から「生まれる時代が早すぎたんじゃないの? 500年後の未来から来たんだよ、きっと。」と言われた。妻は悪い意味でそう言ったのじゃないと思うが、言われた瞬間、以下の格言が私の頭をよぎった。

10年後にはきっと、せめて10年でいいからもどってやり直したいと思っているのだろう。今やり直せよ。未来を。10年後か、20年後か、50年後からもどってきたんだよ今。(出典 : 2ちゃんねる就職板638氏)

うわ、この格言を思い出した後に「500年後」という数字を見ると、私はいったいどれだけ人生をやり直しているんだか。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »