« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »

2007年8月29日

後で読もう (16)

後で読みたい URLs。

以下は過去の「後で読もう」。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月25日

無料通話分を引き算しても無意味

いきなりだが、「携帯基本料戦争が勃発 NTTドコモ、きょうから半額制」からの引用。

〔誰でも割について〕確かに、この割引制度を利用すれば、たとえば無料通話1000円分がついた月々3780円の「SSプラン」であれば1890円となり、利点は大きい。中村社長は「1000円の無料通話を引けば月800円強となり、ソフトバンクの(980円で一部時間帯を除きソフトバンク同士の携帯間通話無料の)ホワイトプランとも戦える」と競争力に、自信を示している。

引き算した「月800円強」という数値に意味はあるのか? 例えば、私が携帯電話会社を設立し、基本料月額10000円の plan に9800円の無料通話をつけたら、それは月額200円として宣伝しても許されるのか? たとえ1秒100円というぼったくりな通話料 (つまり98秒間の無料通話) だとしても許されるのか?

だから、無料通話がいくら分という話は、(無意味は言い過ぎだとしても) あまり意味がない。○○分間無料で話せる、という数値になってある程度の意味を帯びてくる。しかしそれだって、○○分間以上の通話をする人にだけ意味があるのであり、使い切らない人には意味はない。

話を元に戻そう。「ホワイトプランとも戦える」だと? お前は何を言っているんだ? (←例の写真は脳内で補完するように。) 「ホワイトプラン」を選ぶ人の多くは、普段から待ち受け中心の使い方しかしていないか、恋人や友人を Softbank に引きずり込んだか、どっちかだ。そういった人たちの予備軍を DoCoMo に引き込もうとしても無理だ。前者ならそもそも通話しないから無料通話に意味はない(*1)し、後者なら通話料が大量に発生して請求額に驚くことになる。

DoCoMo よ、消費者を馬鹿にするのもいい加減にしてほしい。

(*1) そりゃ、待ち受け中心の人たちだって月末に無料通話分が余っていたら電話をかけるけど、それは本当の通話需要ではない。そういう人たちは、無料通話が少なくても安い方を選ぶのだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月18日

久々に JoyHack

大阪で JoyHack が行われるというので、久々に参加。しかし自宅を出発しようとすると、息子の離乳食の時間になったとか、息子がウンチしていたとか、遅れたから自宅で授乳していく方が良くなったとか、息子に起因する色々な理由で出発が遅くなってしまった。

今日の参加者は12人。さすがにこれだけ多いと1時間に1回程度しか回ってこないなぁ。それはそれで楽しいのだが。

仮面ライダーカブトの NEXT LEVEL を初めて聴いた。そして動画を見た。CBR1000RR もいいなぁ。電王XR250 だから、強さの象徴というよりも軽快さの象徴という感じだ。響鬼を見終えたらいずれカブトも見てみよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「お盆のヒマな会社でPC掃除を」に騙されるな

My Yahoo! の top page に「お盆のヒマな会社でPC掃除を」という見出しがあったので読んでみた。「会社も仕事も“お盆閑散”こんな時こそパソコン大掃除」という題名の、とてもいい加減な記事だった (ごく一部にはまともな部分もあったが)。以下、引用量がかなり多くなるが、記録として残すために引用する。

パソコンは立ち上げのときに、ショートカットの元ファイルを探してチェックする。立ち上げ画面にショートカットのアイコンが多ければ、それだけ時間がかかるというわけだ。たまにしか使わないショートカットは捨ててしまおう。

間違っているわけではないし、ほんの僅かなら起動時間の短縮に役立つけど、shortcut files をどうこうするよりも、常駐モノをどうにかしたり自動起動モノをどうにかしたり、こんなことよりはるかに効果的なことがあるだろうに、書かれていない。

デジカメの画像などをパソコンに何枚も保存していないか。処理速度が遅くなる原因だ。重いデータをCD―Rやフラッシュメモリーに移せば、とろかったパソコンがスピードアップする。

どんな原理? 全く理解できない。storage にどれだけ files が入っていようと、処理速度には全く関係ない。どうしてこんなウソが堂々と書けるのだろうか。

一連の掃除が終わったら「デフラグ」をかける。これは倉庫の荷物の片付けのようなもので、パソコン内のデータを整理整頓するのだ。作業は簡単。「スタート」→「すべてのプログラム」→「アクセサリ」→「システムツール」→「ディスクデフラグ」と進んで、「最適化」をクリック。結構時間がかかるから、仕事がヒマなこんなときにやっておきたい。

えーと、この記事が書かれたのは2007年8月16日、数十年ぶりに日本の最高気温が更新された (40.9度) 日である。この記事の著者は、defragmentation によく用いられる「すっきり!! デフラグ」の「夏場のデフラグ・スキャンディスク・チェックディスクのやりすぎには注意が必要です」を読んだ後でも酷暑日にこんなことが書けるだろうか。

Yahoo! も、ずいぶんといい加減な記事を (しかも top page に) 載せるものだなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月13日

真の強者の心理

同僚に『ドラゴン桜』最新巻 (第20巻) を借りて読んだ。「真の強者の心理」ってのは、物事でよりよい成果をあげるのに向いているという点で、真理だ。真の強者は敗北や失敗のことなど考えない (そもそも敗北や失敗の可能性があるとすら思っていない) し、だからこそ勝利や成功のことだけに集中できる。

反論もあるだろう。「真の強者だから勝利と成功のことしか考えないですむ、というだけじゃないのか」と。でも、勝利と成功のことしか考えていないからこそ真の強者になれる、という面もある。どっちが先なのか、よくわからない。

余談だが、東大の「センター試験」足切りが700点とか730点とか出てきて、びっくりした。東大って、そんな難関大学だったか? …と思ったら、今は800点満点ではなく900点満点なのか。まあ、それなら700点程度が足切りなのも多分妥当な線だろう。Pareto の法則ってわけじゃないけど、8割の得点を取るのに (満点獲得のための労力の) 2割の受験対策を行うのはまあよくても、残りの2割のために膨大な労力を割くのは非効率だし。大学受験において、最後の2割を得点できるかどうかは、非効率なことに打ち込めるかどうか、でしかないような気がする。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月 9日

iPod 機能停止

いや、寿命がきたわけではないのだが。

私の iPod が、使用中に完全に機能停止してしまった。具体的には、podcast を聴きながら写真を見ていたら、画面が真っ白になり一切の操作を受け付けなくなってしまった。この症状、今回で2度目。

まあ、この程度の不具合なら他の computer device でも発生するから、不具合自体は気にならないのだが、iPod の最大の問題は、いざという時に強制的に電源を切る手段がないこと。仕方がないので、充電が切れるまで iPod を放置しておいた。

何というか、私が Apple 社の製品を嫌う要因の1つがこういうところなんだよなぁ。どうして代替手段を利用者から奪ってしまうのだろう。どうして充電が切れるまで待たされなきゃいけないのだろう。人間が操作できる interface が厳選されていることを Apple 社の連中は「カッコイイ」と思っているかも知れないけど、そうじゃないんだよなぁ。

iPhone には電源を強制的に切る手段はあるのだろうか (誰か知っていたら教えてほしい)。そうだとしたら、iPod なら充電が切れるまで待たされるだけで済むけど、これが iPhone で国際電話中だったなら、恐ろしいことになりそうだ。iPhone がおかしくなってから充電が切れるまでに2時間あるとしたら、国際電話の相手国によっては数十万円の出費になりかねない。

電話の機能と本体価格を除けば iPhone は魅力的なんだけど、電話として使うには怖い。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »