« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »

2006年8月28日

後で読もう (8)

以下は過去の「後で読もう」。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月17日

英語力を鍛える

今回の出張先では外国人と接することもそれなりに多く、自分の英語力不足を痛感させられる。私以外にも日本人はいて、私も含めて英語力は千差万別。特に英語に秀でた人を除き、日本人の英語には次のような特徴があるように思われる。

  • be 動詞が多い。「It is…」とか喋りかけて、その後に「stop」とかが出てきたりする。これは中学英語で「is」を「です」と教えている弊害だろう。
  • 単数・複数の違いにかなり無頓着。これは、英語を読む際に普段から意識していないと見につけにくいのかも知れない。
  • 発音の呼吸が悪い。何というか、声の強弱から文の構造が見えてこない。抑揚豊かに話すことはとても大切なこと。

以上は自分自身に対する反省点でもある。

さて、英語力を鍛えるためには今後どうしたらいいだろうか。この問題を考えるためには、まず私自身が自分の英語力をどこまで上達させたいと心底願っているか、それを明らかにしなくてはならない。そりゃ誰だって英語力が上達すればするほど嬉しいに違いない。しかし上達するためには対価が必要。金銭的対価よりも時間的対価の方が重要だ。

上記の問題にまだ結論は出てないが、もし英語を澱みなく話せて聞ける程度を目標にすることにしたら、今のやり方・学習量は根本的に改める必要があるだろう。自分の弱点を明らかにし、そこを克服しなければならない。弱点は主に先述の3つだ。特に3点目。英語を口にする時点で英語母語話者 (native speaker) と同じ発想ができるようになるのが手っ取り早いだろう。何らかの題材について私が英語で喋ろうとする様子を録画し、私の職場の英語母語話者にダメ出しをしてもらう、といった方法が有効な気がする。本気で取り組めば2週間でかなり英語力が伸びる気がする…のだが、時間の確保が難しいなぁ。

学生時代にもっとしっかりやっておけばよかった。…いつも同じ結論か。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月14日

早めに行動しなきゃ

特急に乗る用事がある場合、あなたは事前に指定席を確保する方だろうか。それとも確保せずに自由席に乗る方だろうか。この違いは、育ってきた環境にかなり大きく左右される気がする。

私は9月に Twilight Express の A 個室に乗る計画を立てている。JR の特急券の発売は1ヶ月前の10時から。人気列車だから早く売り切れることは認識していたが、ついうっかりして発売日の19時頃までみどりの窓口に行かなかった。案の定、A 個室は売り切れ。一番安い個室が1部屋残っているだけだった。駅員さんに急いでその個室の特急寝台券を発券してもらった。小中高ならとっくに夏休みが終わっている9月の、しかも平日の札幌発だというのに、この売り切れの早さはすごいものだ。

職場の同僚と時々議論になる。その職場の同僚は帰省するときも決して指定席を確保しないらしい。1時間に1本も特急が走っているところだから、そんなふうになるのだろう。札幌在住時の私の帰省先は名寄 (父親の実家) と岩内 (母親の実家)。岩内は鉄路がないから脇に置いといて、札幌から名寄へは昼間特急が1日3往復。1本逃すと次は数時間後、といった世界。指定席を取るか、自由席なら30分以上前から並んでおく、というのが常識だった。

早めに行動しないと損をする、という点では「ぷらっとこだま」などもそうだ。実は今、この「ぷらっとこだま」を利用して東京出張に来ている。「ぷらっとこだま」は、新大阪→東京が4時間かかる代わりに (通常期なら) 10000円で移動できるのが強みなのだが、売り切れるのが割と早い。私自身は「ぷらっとこだま」を購入できたが、大阪から同じ場所に出張してきている他の人の中には「ぷらっとこだま」を他人に勧められたけど売り切れていたという人もいる。

もう1点。実は名刺を職場に忘れてきた。正確に言えば、10日前までは持っていたのだが、10日前の出張で何枚も配ってなくなり、その後補充を忘れていた、という状態だ。結局、東京についてから FedEx Kinko'sオンライン名刺オーダーのお世話になった。しかも通常注文なら24時間後の仕上がりのところを、3割増で3時間仕上がりとした。今振り返ってみると、名刺を職場に忘れてきたことは東大阪の自宅出発前に分かっていたことなんだから、どうせ FedEx Kinko's を利用するなら自宅で注文しておけば安く済んだのだ。早めに行動しないと損だ。

そうそう、Lightweight Language Ring も、「行きたい」と思っていたのに申し込みを忘れていて、買おうと思ったときにはもう売り切れていた。あぁ、残念。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »