« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »

2006年6月26日

後で読もう (6)

以下は過去の「後で読もう」。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月24日

悪者探し

最近、悪者探しをしているなぁ、と自分で思う。諸悪の根源となっている組織や人がいて、その組織や人を何とかしたら全体が改善する、と考えてしまう。実態がどうなのか、充分にわかっていなくても、ついついそう考えてしまう。気持ちに余裕がないことが原因だろう。

明日の宝塚記念にコスモバルクが出走することを楽しみに、もう少し気分をほぐしていきたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月20日

校歌・寮歌・応援歌・文化祭歌

今日は色々疲れた。でも一応日付が変わる直前に帰宅できた。

疲れたので、iTunes Music Store で色々検索してみたところ、出身大学の寮歌を見つけた。調子に乗って出身高校や大学の校歌・寮歌・応援歌・文化祭歌を INTERNET 上で探しまくる。

探していたものは殆ど見つけたが、1つだけ、出身高校の応援歌が見つからない。歌詞は3番まであるのだが、私は1番と3番のみうろ覚えなので、2番が分かった人は私に教えてほしい。以下、私の頭の中のおおよその応援歌 (多分どこか間違っているだろう)。

1. 降魔の時なる 黄昏に
見よや黒龍 雲を呼び
降魔の使命を 背に負いて
おたけび叫ぶ 声高し
3. 立てよ乱打の 鐘が鳴る
力と自由と 団結の
3つはおいらの 旗印
旗は正義の 男旗

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年6月14日

多忙になると攻撃的に

今日は何日ぶりに風呂に浸かっただろうか。このところ忙しくて、shower ばかり。昨夜は午前1時を過ぎてから帰宅したし、今も明日の仕事の準備が終わらず現在午前3時半。

最近ずっと、夜眠るときの記憶がない。疲れて帰宅して頑張って夕食だけ食べて「ちょっとだけ」と思って横になったら、もう眠っている。気づくと朝。目覚ましすら設定していないのに、よくこんなに毎朝起きれるものだ。やることが多過ぎて眠りが浅いのだと思う。

忙しいと、言動が攻撃的になる。私の職場でも、私と同じ系列の先輩や同僚はみな長時間働いている。しかし、それ以外の人はどれくらい働いているんだろうか。私のように毎晩終バス・終電で帰れとは言わないが、もっと仕事が均等に分配されていたら私ももっと早く帰れるのに、とは思う。時々、他人を攻撃しないと気が済まなくなる。

今日、顧客に「老けたね」と言われた。そりゃ、こんな日々を送っていたら外見も老けてくるだろう。こんな生活から早く抜け出したい。

先日も、若手従業員同士で愚痴大会になった。……おっといけない、気持ちを前向きにしておかなくては。

補足 : 職場や業種に拠るだろうが、私よりも過酷な環境で働いている方も少なくないと思う。本当にいっぱいいっぱいになったら、健康が崩壊するか、精神が崩壊するか、職を辞めるか、のどれかしか残らない。だから、本当にいっぱいいっぱいになる前に何とか状況を改善できるよう頑張ってほしい。状況の改善は、全体の最適化を考えることが出来る「あなた」にしかできない仕事だ。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006年6月 3日

"All your base are belong to us"

Zero WING という和製 shooting game が海外で発売され、その introduction の英文がおかしいことが2001年頃に欧米で話題になったらしい。以下、英語版 Wikipedia の記述から引用し、訳文の差が分かりやすいように並べた。

話者日本語原文実際の翻訳文字義通りの正しい翻訳文意訳文
西暦2101年 戦いは始まった。In A.D. 2101, war was beginning.AD 2101 War began.A.D. 2101—The war has begun.
艦長一体どうしたと言うんだ!What happen?What on earth is wrong, you say?!What was that?!
機関士何者かによって、爆発物が仕掛けられたようです。Somebody set up us the bomb.It seems that someone has laid down explosives.Somebody set off a bomb!
通信士艦長!通信が入りました!We get signal.Captain! A signal has come in!Captain! We have an incoming transmission!
艦長なにっ!What!What!?What? Who?
通信士メインスクリーンにビジョンが来ます。Main screen turn on.A vision comes on the main screen.Activating Holoviewer...
艦長おっお前は!It's you!!Y-You!You! You're...
CATSおいそがしそうだね、諸君。How are you gentlemen!!You seem busy, gentlemen.You seem to be preoccupied, gentlemen.
CATS連邦政府軍のご協力により、君達の基地は、全て CATS がいただいた。All your base are belong to us.In cooperation with the Federal Government forces, CATS has taken over your entire base.With the kind cooperation of the Federation forces, we [CATS] are now in control of Earth!
CATS君達の艦も、そろそろ終わりだろう。You are on the way to destruction.I guess it will soon be the end of your ship as well, huh.Your ship, too, will soon meet its end.
艦長ばっばかなっ…!What you say!!Y-You fool! ["How could you..."]...!What do you mean?
CATS君達のご協力には感謝する。Thank you for your cooperation.We thank you for your kind cooperation.
CATSせいぜい残り少ない命を、大切にしたまえ…。You have no chance to survive make your time.Take care in these few remaining moments of your life.Make the most of these last moments of your lives.
CATSハッハッハッハッハッ…Ha Ha Ha Ha ....Ha Ha Ha Ha Ha...Ha ha ha ha ha...
通信士艦長…。Captain!!Captain....Captain...
艦長ZIG 全機に発進命令!!Take off every 'Zig'!!All ZIG aircraft, take off!!Give the launch order to all ZIG fighters!
通信士Captain! Do you know what you are doing?
艦長もう彼らに託すしかない…。You know what you doing.We cannot but trust in them...Yes, we can only depend on them now.
艦長我々の未来に希望を…Move 'Zig'.Hope for our future...Our hope for the future...
艦長たのむぞ。ZIG!!For great justice.is in your hands. ZIG!!It's in your hands, ZIG fighters!

強調部分がネタとされていたらしい。それにしても、英文を並べてみるとすごく違うことに気づく。われわれ日本人は実際の翻訳文だけを読んでもあまり違和感を感じずに何となく言いたいことが分かるが、正しい英文や意訳文を読むとあまりの違いに愕然としてしまう。何というか、英語っぽい (そりゃ本物の英語だから当然なのだが)。

私も早く右端のような英語が使えるようになりたいものだ。

余談 : 今週月曜 (2006年5月29日) の朝鮮日報で、アシアナ航空が旭川に就航することを知った。旭川空港は市街地から非常に離れていて不便であるため、国際線が就航するなどとはとても予想できず、ものすごくびっくりした。しかし考えてみれば、北海道に観光に来る韓国人の多くは団体旅行であり、bus で移動するのだから、空港に bus を用意して乗せてしまえるなら市街地から遠くても問題ない。それだけではなく、旭川は千歳よりも北海道の中心に近く、富良野や網走といった観光地には地理的にも近い。また、網走・北見・旭川・名寄・稚内あたりの住民が海外旅行に出かける際にも、仁川空港を乗り換え空港として出かけやすくなってくる (旭川から成田への直行便はないし、日本の航空会社と比較して韓国の航空会社は安いから競争力も充分である)。いずれ利用してみたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月 1日

『定時に帰る仕事術』

私にとても当てはまる書籍を見つけた。Laura Stack『定時に帰る仕事術』(ソニー・マガジンズ, 2006年) である。原題は "Leave the Office Earlier"。以下はその一部。

質より量の「ブルドーザータイプ」

<特徴>スザンヌは精力的なハードワーカーで、がむしゃらに働いて1日にたくさんの仕事を片付けてしまおうとするタイプです。彼女はやることリストに書かれた項目を消していくのが大好きです。時間があればあるだけ彼女は多数のプロジェクトや目標をやり遂げようとするでしょう。彼女のチームのメンバーは、彼女をやり手と見ていますが、自分の仕事を成し遂げるためには他人を押しのけることもあります。スザンヌは他人が話しかけてきて仕事の邪魔をすることに、しょっちゅういらだっています。

好奇心が旺盛「元気なウサギタイプ」

<特徴>クリスは職場で楽しく働くのが好きです。毎日期待に胸をふくらませ、今日はどんなことが達成できるのかと考えるとわくわくします。新しいプロジェクトを与えられると冒険にでも出かけるように、やる気満々に着手します。クリエイティブな解決法を考え出すのが好きで、新しいアイデアを始動させることに喜びを感じます。他人のアイデアに対し心を開き、やりとりを楽しみます。けれども結論が出てしまうと、いままでの元気はどこへやら。それを実行するために働かなければならなくなるからです。仕事を終えたあとは、すぱらしい働きぶりだったと褒められるのが好きです。

つねに受け身「地道なカメタイプ」

サラは職場にたくさんの友だちがいて、みんなから好かれています。仕事は速くありませんが、地道にやるほうです。仕事を進める前にチーム全体から意見を集め、時間をかけてだれもが満足できる正しい決定をします。サラは意思決定の際にはプロセスを重んじます。つまり、みんなの疑問に答え、みんなの目標が一致するように考えるのです。全員の要求を考慮するまでは決定しないので、10分でできるところを1時間もかけて決断を下します (だれかの気持ちを傷つけたらとてもいやな気分になるからです)。サラはたとえ自分自身はそれほど本意でなくても、チームが考え出した解決策であれば、それを実行するためにコツコツ働きます。地道なカメタイプの人は元気なウサギタイプよりも細かい仕事が得意で、ブルドーザータイプよりも我慢強いのです。

こだわり派の「頭でっかちタイプ」

トムは時間に支配されているような気がしています。かなりの完全主義者で、ものごとをきちんとやる時間がないといつも思っています。彼は与えられた時間では無理ですと言って、締め切りを延ばしにかかります。プロジェクトが完了しても、つねに不満が残り、もっと時間さえあればと考えてしまいます。会議で人々が即断を下すと、全てのデータや事実をきちんと検討していないじゃないかとフラストレーションをつのらせます。問題に論理的に取り組み、いろいろな案についてよい点、悪い点を徹底的に考えます。最終的に提案書を作成したときには、自分の正しさを100パーセント確信しています。きちょうめんで綿密な性格の彼は、自分に対しても過酷な要求をします。トムはどちらかというと寡黙なたちで、あまり感情をあらわにしません。孤独を好み、ひとりで仕事をしたがります。チームでの討論には、意見をあまり言わず、みんなのアイデアを考慮しているという印象を与えます。ついに彼が口を開くと、みんなは聞き耳を立てます。なぜなら、彼はいつも的を射たことを言うからです。

私は、「元気なウサギタイプ」7割、「頭でっかちタイプ」3割くらいだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »