« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »

2006年5月29日

後で読もう (5)

  • ちょっと教えて XBRLXML を基にした、財務報告言語。10分間の animation で、かなりよく分かる。ただし、比較対象として持ち出してきた HTML が 3.2 版っぽいのが残念。今更 font 要素とか言われてもなぁ。HTML 4.01 ならちゃんと論理 markup する形式なのに。animation の作り手が HTML の素人なのか、分かっていながら分かりやすさのためにあえて HTML に汚名を被せたのか、どちらかだろう。animation 自体はいい出来なだけに、残念。
  • 読書速度測定 … 自分の読書速度を測定できる。私は1分間に約1700文字。速読の練習をした方がいいかなぁ。
  • さっぽろの都市計画 … 私の故郷である札幌があんなに住みやすい街なのは、こういう都市計画があったからだったのか。札幌に住んでいるうちにもっと調べておけばよかった。
  • 卒煙式 … 禁煙の挑戦を手助けする software。支援の言葉を表示するのが主な機能だが、これは効果ありそうだ。
  • iPod風の壁紙やら画像やらを作る … pattern というか routine というか style というか、とにかくやり方さえ定まれば何でもかんでも同じ感じになる、ということが如実に現れている。見ていて楽しい。
  • Podcastamatic … podcasting するために便利な tool。
  • Eclipseをモデリングツールに活用しよう … あー、やってみたいけど時間がない…。
  • UML の作図環境 … 私も JUDE/Community を使っている。時々だが。
  • SEOツールを一挙7点公開 … そのうち使ってみたい。

以下は過去の「後で読もう」。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月25日

虹と雪のバラード

私には、歌っているとどうしても目が潤んできてうまく歌えなくなる歌がいくつかある。そのうちの1つがこの「虹と雪のバラード」だ。

町ができる 美しい町が あふれる旗 叫び そして唄

地元贔屓なのかも知れないが、札幌は本当に美しくてよくできた街だと思う。1箇所でさまざまな用件が済む中心部。充分な緑。分かりやすい区画。開放感ある空間。そして、「さっぽろ」という地名が好きだ。日本名らしくない (アイヌ語だから当然なのだが)、それでいてなぜか惹かれてしまう響き。

どの地に行っても、自分が札幌人であることを忘れたことはない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月22日

『99%禁煙できる本』

私は喫煙者ではないのだが、ちょっと思うところがあって、阿部真弓『99%禁煙できる本』(三笠書房, 2001年) を買ってみた。以下はその抜粋。

  • 〔前略〕後者の場合、禁煙したいという希望は強いのですから、うまく「毎日の行動を変化させる」ことができれば禁煙は達成できるのです。それを、行動科学という学問では、「行動変容」といいます。禁煙できるかできないかは、今や意志の問題ではなく、行動を変えるためのコツを身につけられるかどうか、ただそれだけにかかっているのです。〔中略〕「よくがんばりましたね」とほめてもらうことは、禁煙継続の大きなエネルギーとなります。(pp.59-60)
  • 〔禁煙を希望する女性を診察して〕驚くなかれ、彼女の家では全室に灰皿が準備してあったそうです。どこでもちょっと手を伸ばせばタバコと灰皿があったわけです。なんと禁煙しにくい環境でしょうか。(p.63)
  • また、励ましあったり、「意地を見せる相手」が必要になる場合もあります。私の禁煙外来でも、毎日顔を合わせる家族や職場の人に禁煙していることを告げている方は成績がよいようです。(p.69)
  • 〔男性患者の話から〕禁煙4日目の外来では、独自の工夫について話してくれました。(1) 会社で喫煙する人には、自分は禁煙中であることを告げる、(2) 喫煙者とは長時間話さない、(3) 暇な時間を作らない、テレビをだらだら見るのはやめ、早寝をする、(4) スポーツドリンクを飲む、など。(p.74)
  • 〔男性患者の話から〕なかなか研究熱心な方で、食事を1400カロリーに抑えるダイエットを実行し、5ヶ月間で8キロの減量に成功していました。方法はカロリーブックを読み、食事の記録をつけ、統計もとったといいます。本格的です。「達成感がいいですね」といっていました。(p.89)
  • 〔再喫煙してしまった男性の話〕彼は、家族以外の周囲の人間には禁煙していることを話していなかったようです。それが再喫煙を思いとどまれなかった理由の1つかもしれません。(p.98)
  • 〔肺繊維症がある患者〕結局その日は何とか治療継続を納得してくださり、再挑戦の予定となりました。禁煙日誌のつけ方を説明していたら、「えっ、吸ったタバコではなくて、ガムの数だけつけるんですか?」ときました。〔中略…1週間後〕「Nさん、がんばりましたね」と声をかけると、顔を見るなり「おたくのいうように、タバコは吸わないで来たよ。さあ、一酸化炭素測ってみてよ。絶対前よりよくなっているはずだから。これで減っていなければ、やめる気ないからね」という。〔中略〕禁煙してそのメリットに気づけば禁煙成功にさらに一歩近づいたことになります。(pp.102-103)
  • 〔79歳の男性〕禁煙開始日を妻の誕生日にしたことがほほえましい。(p.104)
  • 対処法が決まったら、いつから始めるかを決めましょう。今すぐとか、明日からとかにしないことが大切で、余裕を持って準備できる期間を設けることが必要です。〔中略〕家族にかかわる記念日や区切りのいい日を禁煙開始日に決めると、毎年、記念日を忘れずに感慨を新たにできます。(p.120)
  • また、こっそりやめて周囲の人をびっくりさせようということは考えない方がよいでしょう。こうした考えは、むしろ本人に自信がない場合に多く見られ、自分に逃げ道を作るので失敗することが多いものです。再喫煙を考えたときの歯止めにもなりません。禁煙はぜひ公言しましょう。(p.124)
  • 禁煙開始日には、歯ブラシを新品にしてください。これは、費用がかからず、気分を切り替える方法です。ぜひ実行してください。(p.125)
  • 〔前略〕そして、とても大切なことですが、この期間にあなたの禁煙を応援してくれる人を見つけておきます。〔中略〕インターネットサイト「まゆみ先生の禁煙外来」では、禁煙に成功した方々の体験記を読むことができます。〔中略〕また、インターネット対応携帯電話の「卒煙ネット」(J-フォンオフィシャルコンテンツ、プログラム利用料金は月額260円)〔石川註 : 現在では Vodafone だけではなく DoCoMo, au でも利用可能〕 では、禁煙に失敗しやすい3ヶ月間、毎日日誌をつけることで、私からのアドバイスを受け取れます。育成キャラクターが禁煙達成度に応じて変化していき、目で見る達成感を味わうこともできます。(pp.128-129)
  • 【禁煙宣誓書を作成する】
    私は、自分自身のために、200X年X月X日から禁煙することをここに誓います。禁煙後は、XX (どんな) 自分になりたいと思います。私の禁煙を見守ってくれるのは、XXさんです。
    あなたのサイン : XX
    日付 : 200X年X月X日 (p.134)
  • 危険なときに助けてくれる自分のこれまでの努力の軌跡。そのために「禁煙日誌」をつけておきましょう。「禁煙を決心した理由」「タバコをやめてよかったこと」「吸いたくなったとき、どうやって気をそらしたか」「あの人が励ましてくれた」など、もう一度思い出して書きとめておきましょう。
    また、必ず、次の小刻みな達成目標 (ゴール) を記しておくようにします。そして、例えば、禁煙1ヶ月達成ゴールにはご褒美をつけておきましょう。自分に対するご褒美を決めて書いておくと、毎日日記を開くのが楽しみになり、新たなやる気を引き出せます。日記なんて面倒という人は、「今日で禁煙何日目」とか、「目覚めがさわやか」などの短い感想だけでもいいのです。これだけでも達成感が味わえます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月20日

Microsoft Java VM を使え、だと?

先日の夜、妻が私に「error 表示で先に進めないんだけど、なぜ?」と訊いてきた。

妻が開いたのは「大阪府 自動車税住所変更届」という web page。「万一、入力できない場合はこちらをご覧ください。」と書いてあったのでそこに進むと、こんな記述があった。

自動車の登録番号の「支局区分」のラジオボタンが選択できない場合は、追加のソフトウェア(無料)をインストールしていただきますと、ご利用できるようになります。

え? たかだかこれだけのことために「追加のソフトウェア」が必要だって? ActiveX control か? そんなもの、一般人はどうやって安全性を確かめるのか? …とか思いながら「ソフトウェアの入手について」へと進むと、そこでは Microsoft Java VM を install せよとなっていた。

あれ? そもそも Microsoft Java VM って obsolete 扱い (旧式だから極力使うな、という扱い) になっていたはず。何だか自信がなかったので調べてみたところ、ちゃんと Microsoft の web site に「Microsoft Java Virtual Machine (MSJVM) サポート」という情報があった。一部引用する (強調は私自身によるもの)。

MSJVM は 2007 年 12 月 31 日にライフサイクルが終了となります。お客様には、一般的に使われなくなったソフトウェア (Obsolete Software) に関する情報を積極的に入手していただき、また適切な時期に MSJVM から移行を行っていただくことを推奨いたします。マイクロソフトからの MSJVM の配布はすでにご利用いただけません。また、MSJVM に機能拡張が行われることはありません。現在 MSJVM を含んでいるマイクロソフトの製品は、引き続き提供の終了、または MSJVM を含まないバージョンへの置き換えを進めてまいります。

やっぱりそうだ。こういう状況なのに、なぜ大阪府は Microsoft Java VM を使わせようとするのだろうか。security 面で大きな問題になるだろう (特に2008年以降)。

気になったので、私自身の PC の Java VM がどうなっているのか、「Javaアプレット起動に使用されるJVMのベンダとバージョンの確認」を用いて調べてみた。なんと、applet については私の PC も Microsoft Java VM を使っていた。早急に何とかしたいと思う。以下は Microsoft Java VM に関して参考になった web pages。

  • Microsoft Java VM について … 色々な情報がまとめられている。
  • Microsoft Java VMを手動で削除する方法
  • Java訴訟 … そう、元はといえば Microsoft の強引さが招いた事態なんだよなぁ。こんなことをやっているから、Microsoft を嫌いになる人が増えてしまう。私自身はどちらかと言えば反 Microsoft ではなく親 Microsoft なのだが、こういう強引さはいただけない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月19日

「コスノート」

『週刊少年ジャンプ』の連載「デスノート」が終了した。なかなか面白い連載であった。せっかくなので、以前から考えていた、しょうもないパクリ案をここに披露する。

「コスノート」

ルール

  • この冊子は「コスノート」と呼ばれる。「悟りの書」という別名も持つ。「悟り」の意味がよく分からなければ、Google などで調べること。
  • 「コスノート」は元々は服の神の持ち物である。
  • 男性の顔を思い浮かべながらその名前を「コスノート」に書くと、その男性は服を着替える。
  • 名前以外に何も書かない場合は40時間後に女中用仕事服へ着替えるが、名前を書いてから40時間以内に服装指定を書けばその通りになる。
  • 死因を書いてから6分40秒以内に着替えに至るまでの詳細を書くと、その人間の着替えまで物理的に可能な範囲で操ることができる。
  • 「コスノート」を入手した人間は、「服の神の目」と呼ばれる取引をすることができる。
  • 「服の神の目」を持つ人間は、他の男性の顔を見るとその男性の氏名を知ることができる。
  • 「服の神の目」の取引をした人間は、羞恥心が半分になる。「服の神の目」を失ったとしても、羞恥心は元には戻らない。

これで私に画力があれば、同人誌でも作ってネタにするだろうが、そんな能力がないのが残念だ。(いや、この場合、実写のみで同人誌が成立するのかも。)

|

2006年5月12日

新単位制定「1FF」「1DQ」

人間の自由時間が有限であることを鑑み、ここに新単位の制定を宣言する。主に中学生~30代青年に有用であると思われる。

1FF (1 Final Fantasy)
あなたが "Final Fantasy" series のうちどれか1作を終えるまで (いわゆる「ラスボス」を倒して ending を見るまで) の所要時間。人によって異なる。一般には数十時間。なお、online 版を基準にしてはいけない。
1DQ (1 Dragon Quest)
"Final Fantasy" が "Dragon Quest" になった以外は上記と同じ。

私は結構ゆっくり解く方なので、1FF=70時間~100時間程度である。早い人なら 1FF は50時間を下回るだろう。

さてこの単位、遊戯時間そのものを計るよりも、他の物事を計ると面白い。例えば、1FF~2FF くらいの時間を外国語学習に投入すれば、その国で生活するには困らない程度の語力を得ることができる。1年間に2回実施される情報処理技術者試験は、まじめな受験者なら 1FF~2FF 程度の学習しているだろう。

学生のうちは、1年間に 20FF くらいあった気がする。社会人になってからは、1年間に 5FF もあるかどうか怪しくなってしまった。皆さんは、1年間に何FFくらいあるだろうか (この単位は 1FF/Yと書くことにしたい)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月10日

5月病

5月病、というほどでもないのだろうが、今、仕事に対してあまりやる気がおきない。3月末から4月中旬くらいまでかなり忙しかった反動も少しあるかも知れないが、それよりも連休中に殆ど寝込んでいたことの方が原因だと思う。

正直なところ、仕事もやろうと思えばできるのだけど、まだ気持ちが行動に追いつきそうにないので、もう1日くらい暖機運転をしてから本格的に取り組もうと思う。

本当は、滅多に人が来ないような神社とかで1人で瞑想みたいなことをするのがいいんだけど、そういう場所は私の家の近くにはあまりなさそうだ。家から 300m くらいのところに石切神社があるが、ここは有名すぎて私の目的には合わない。

まあ、いずれ時間に余裕ができたら、私のための瞑想場所を探そうと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月 7日

私が Macintosh を使わない1つの理由

事前予告。今回は少々否定的な見解が含まれるため、精神的な準備ができていない場合は途中で引き返していただきたい。また、一応 comments や trackbacks も受け付けるが、議論の相手にもならないようなものはこちらで削除することがある。

私が Macintosh を羨ましがるいくつかの理由

最初は肯定的な内容から。いくつかあるうちの3点を挙げる。

BSD を元に MacOS を作っていることは、とても素晴らしいと思う。職場の同僚が使っている MacOS に標準で Ruby が入っているのを見たときは、本当に羨ましく感じた。

新しい software interface に果敢に挑戦している点も褒められるべきだろう。何という名前がついているかは知らないが、画面上に icons が並んでいて cursor を近づけるとグインとでっかくなる仕組みなど、初心者は使っていて楽しくなってくるに違いない。(私自身はああいう CPU power を過剰に消費する仕組みはすぐに切ってしまう方だが。)

MacMINI は本当に魅力的だった。私が Macintosh の購入を検討したのは ColorClassic 以来だ。しかし結局は「買ってもいじり倒す時間がない」という理由で買わなかった。

さて、肯定的な内容はここまで。引き返すなら今のうち。

私が Macintosh を買わない1つの理由

意匠 (design) が好きになれない。OS ではなく外観の問題。PC の世界は変化・成長が激しいから、特徴的な外観を持ったものはすぐに「古さ」と結び付けられる。私は PC に時代を感じさせない普遍的な (言い換えれば工業的な) 外観を求めているのだが、Apple 社の方針は違う。悲しいことに、今の私は Apple 社のどの PC 製品を見ても古く感じてしまう。

もちろん、これは私個人の感覚であり、多数派ではない。しかし、世の中の Macintosh users のうち何%かは「Macintosh はかっこいい」を客観的事実だと思い込み、更にそのうち一部の人たちはこの価値観を他人に押し付けてくる (幸い、現在の私の身近にはそういう人たちはいないので INTERNET 上で見かける程度である)。私はこれが不快でならない。

思い返せば、私が Macintosh を嫌いになった最初のきっかけは、私が大学生の時に大学生協が過剰な Macintosh 贔屓をしたことだった。全然客観的じゃない、Win と Mac の比較宣伝。客観性を失った主張は、価値観の押し付けでしかない。

よしあしは、ある程度客観的に評価して一般化することができる。でも、好き嫌いは一般化できない。「Macintosh はかっこいい」だなんて押し付けないでほしい。そういう押し付けが嫌いなのだ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年5月 6日

大阪市内を回ってきた

本当はこの連休で和歌山県あたり (とりわけ紀州鉄道) を回ってきたかったのだが、私の体調不良のため大幅に縮小して大阪市内をちょっとだけ回ることにした。

出発は15時過ぎ。なんば高島屋で「マリリン・モンロー 綺麗のヒミツ」を見て、18時頃に遅い昼食を食べ、そごう心斎橋本店で「服部早苗キルト ルネサンス展」を見てきた。

催事自体はどちらも招待券をもらったから行っただけであり、それほど興味はなかったのだが、そごう心斎橋本店は建物が新しいだけあって見て回って楽しかった。これからは建築や内装についても学びたいと思う。

帰りは、わざわざ住之江公園駅・コスモスクエア駅を経由して東大阪へ。体調が悪くても、乗り物に乗ったままの観光なら (歩き回るよりも) 体力消費が少なくてよい。

連休は残り2日。その間に何とか全回復したいものだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月 5日

体調不良と感謝の気持ち

5月1日の夜から、体調が悪い。5月2日は一応出勤したのだが、昼頃から一旦休んで夜の会議にも出た。新規顧客開拓の戦略を練る重要な会議だったから、出席したことに意味はあるのだけど、この会議を休んででも病院に行った方がよかったかも知れない。

体調が悪いと、なぜか気持ちが謙虚になる。「自分は色々な人にお世話になっている」と実感してくる。世の中の全てのことに感謝したくなる。なぜなんだろう。

現在、体調は少しずつ回復中。頭痛は少しずつ軽くなってる。ただ、内臓が整列していないような感じがまだ残っているので、あまり無理はしない予定。妻は明日から東京出張だから、今日のうちに一緒にちょっとだけ外出したい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月 1日

『Winny やりてぇ~!』

高木浩光@自宅の日記にあるWinny利用教唆本のセキュリティ対策指南、その仰天内容を読んで、実際に『Winny やりてぇ~! 初心者のための「ファイル共有入門」 』を買ってみた。

…確かに色々とすごいな。記述がここまでひどいと、後世の資料になりそうだ。話のネタに使わせてもらおう。

私の直接の知り合いの方で「この本を読んでみたい!」と思った方は連絡を。お見せします。こんな出版社にこれ以上お金を儲けさせるのがもったいない。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »