« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »

2006年2月26日

3社またがって

今回の話は鉄道に興味ある方向け。昨日、新石切→上桂と移動した。詳しく書くと

新石切―(近鉄東大阪線)→長田(相互乗入駅)―(大阪地下鉄中央線)→堺筋本町―(大阪地下鉄堺筋線)→天神橋筋六丁目(相互乗入駅)―(阪急千里線)→淡路―(阪急京都本線)→桂―(阪急嵐山線)→上桂

という経路だったのだが、詳しい人なら見て分かる通り、近鉄→大阪地下鉄→阪急、と3社またがっているのにその相互乗入駅 (境界駅) は全て直通乗入であるため下手に下車すると列車を1本遅らせなければならない、という経路である。

路線図 新石切→上桂

昨日は急いでいたので、長田駅でも天神橋筋六丁目駅でも下車清算せず、土日回数券で新石切の改札を通ったまま上桂まで行った。上桂駅の自動清算機は近鉄の土日回数券を受け付けなかった。上桂駅の駅員に訊いたところ、3社をまたがった乗車では機械清算はできないそうだ。なので、窓口での手動清算となり、私は「スルッと KANSAI」 card での清算を望んだのだが、上桂駅には手動清算のための card 処理機もないらしい (もちろん現金清算なら差額を払うだけだから機械は不要)。

で、駅員はどうしたかというと、窓口から出てきて改札機上部をガバッと開け、中から電卓のような操作盤 (console) を取り出し、清算残額を手入力し、改札機上部を閉めて「スルッと KANSAI」 card を通して清算した。ふぅん、改札機にはこんな機能もあるのか。面白い機能を目にした日であった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月20日

業務、追いつく

HDD の復旧を進めながら本業も最低限進める。現在午前5時過ぎ、本来ならば1週間前に終えていなくてはならない仕事がたった今終わった。

まあ、もともと自宅へ持ち帰りの多い職種、その分朝の出勤は普通の人より遅めなのだから、これは構わないけれど、昨夜も今夜も午前5時半就寝となるとちょっと体力的にきつい。まあ、幸い、今の時期はうちの職場はあまり客が来ないので、体力の回復もしやすいから、それでよしとしておこう。

おまけの備忘録 : 「プログラマーになれれば年収1000万は余裕で行くと思ってた」

  • 産業用機械のプログラマーは給料高いけど、
    Windowsアプリのプログラマーは給料安いぞ。
  • プログラマってもソフトウェアプログラム以外の仕事もあるでしょ
    機械屋の現場プログラムに行けば重宝されるよ
    現場の人間は特にコンピュータに弱いの多いし、逆セリエAだよ
  • PG,SEにも上流下流というものがある。
    交渉力がある人は有能とみなされるが、企画や営業と
    マトモに交渉すらできん理系畑出身のPG専は悲惨な眼にあいます・・・
  • プラモに例えると

    完成図設計して組み立て説明書と金型の設計をおこす>SE

    原材料と金型の材料用意して、プラモのパーツつくる>言語、OS

    プラモ組み立てる>PG

    どう考えてもPGが底辺。
    死にたく無ければOSとネットワーク覚えておけ。
    Perl、PHPやってる学生はSQLとUnix覚えておけ。
  • 〔前略〕どうしてもこの業界入りたいヤツはOracleMasterとCCNAくらいは学生のうちに取得しといた方がいいお。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月18日

HDD とぶ

もう10日ほど前になるが、常用 PCHDD の中身がとんだ。読めなくなった瞬間、すなわち青画面で止まり起動もしなくなった瞬間は、頭の中も真っ青になってしまったが、何とか外付けにして中身を殆ど取り出すことに成功した。

何年も前から「こんな目に遭わないように普段からこまめに backup をとっておかなきゃ」って思ってはいたけど、結局有効な対策を実施せずにこんなことになってしまった。逆に考えれば、今回は対策を立てる良い機会だ。実は、本業を少々そっちのけにして対策を進めている。とりあえず現時点での data は DVD+R に焼いてしまったし、backup のための新しい tools も試している最中。

ここを読んでくれている方へ : 今すぐ backup をとりましょう。悲劇になってからでは遅いのです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年2月 7日

入れ歯が飛んできた

昨夜 JR に乗って PC で作業していたら、足元に何かが飛んできた。ゴミなら無視しようと思ってよく見たら、それは入れ歯だった。

入れ歯が飛んできた方向を見ると、乗車したばかりの老夫婦がいた。その老夫婦に入れ歯を渡すと、最初は大変感謝されたのだが、1分くらい経ってから「どうやら私たちのものではないようです。車掌に渡しておきます。わざわざ声をかけてくれてありがとう。」と言われた (原文は関西弁)。だとすると一体誰の入れ歯だったのだろう。不思議な出来事だった。

話は変わるが、何だか左腕が痛い。風邪をひいたようだ。養生しなくてはいけないが、明日締切の仕事と、本来なら先週の土曜に終わっていなければいけない仕事がある。このところ毎日午前4時過ぎまで頑張っていたのだが、さすがに昨夜は疲れて0時過ぎに眠ってしまった。体力は使い果たさないようにしなくては。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »